レトロ旅えひめ巡り
愛媛県のノスタルジーを求めての旅ガイド。近代化遺産の建造物や農漁村の原風景、いつかどこかで見た光景を紹介していきます。古いえひめを一緒に探してみませんか。
プロフィール

まくり王

Author:まくり王
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



訪問No.



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドドーンと花火、「ひめキュンLIVE」もある - 17日(日)は堀江港まつりへ
今月のレジャープランを考えている方へ。
3連休中日・17日の日曜日は松山市堀江の花火大会「堀江港まつり」にどうぞ。

ここの花火は、数的には約800発だが、打ち上げ場所が一文字灯台で、目の前から上がるのが特徴。
特に集中的にドドドドーンと打つ時には、花火が重なり合って、真昼のような明るさとなり、
大輪の花が咲き乱れる迫力がすごい。

露店も多く、夏らしく浴衣姿が似合う祭りだ。
ことしは、ステージで「ひめキュンフルーツ缶」のライブやダンスパフォーマンスなどもあり、若者にも人気になりそう。

  DSCF0820.jpg

主なイベントスケジュールは次の通り(予定)。会場は堀江港「海の駅」前広場。
16:40 堀江小学校金管バンド演奏
17:10 和太鼓演奏(福角保育園、堀江幼稚園)
17:30 バンド演奏
18:00 カラオケ大会(第一部)
19:00 フラダンス
19:30 みっきゃRing Go Go!!(愛媛の”自転車アイドル”)
      スクープダンススタジオショーケース(ストリートダンスパフォーマンス)
20:00 花火大会(第一部)
20:25 ひめキュンフルーツ缶LIVE
20:55 花火大会(第二部)
21:07 カラオケ大会(第二部)~21:30

※駐車場は堀江小学校グラウンド。17:00~22:00の間、港まで送迎バスを運行。
JRや伊予鉄バスも便利。JR堀江駅から会場の堀江港まで徒歩数分。
雨天時は翌日に順延。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村

愛媛県 ブログランキングへ
スポンサーサイト
速報2  堀江港の”沈没桟橋”が浮き上がりました。
6月3日に発生した松山市堀江港の浮桟橋”沈没”事故。
速報した段階では、一部浮いていたが、夜には完全に水没、どうなることか思っていたら、クレーン船も到着して夜を徹しての復旧作業が続けられ、翌4日朝に行ってみたら見事、桟橋が浮き上がっていた。

6月3日午前5時45分撮影。桟橋の一部はまだ浮いていたのだが、、。
  DSCF0679.jpg


6月3日午後7時45分撮影。桟橋が完全に水没していた。
  DSCF0733.jpg

6月4日午前6時撮影。浮桟橋が浮き上がっていた。 
  DSCF0750.jpg

浮上作戦は夜を徹して続けられた。

  DSCF0727.jpg

どうすれば浮上させることができるかは、重い鉄とコンクリート製の桟橋がなぜ浮いているかを考えれば、方策が浮かぶ。
桟橋には、空気のブロック部屋が何か所も設けられ、これで浮力を得ている。
だから、部屋に空気を入れて、水を出す。実際の作業はいろいろ難しい点があるようだが、夜を徹しての作業が功を奏して朝には見事浮き上がっていたというわけだ。作業技術者に拍手!!。


  DSCF0761.jpg
排水作業が続いていた。

だが、なぜ水没したのか、その原因はまだはっきりしていない。
どこかに亀裂があってそこから浸水したと思われるが、、、。
かなり老朽化した桟橋、今後、改修をどうするかが課題として残るようだ。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村

愛媛県 ブログランキングへ

速報 堀江港の桟橋が沈んじゃった。
「あー、桟橋がない」--。
2016年6月3日(金)早朝、松山市の堀江港。
今は、ほりえ海の駅として、ヨットやクルーザーの係留場所になっている桟橋が、一部を残して水没していた。
台風が襲ってきたわけでもないのに、なぜ沈んだ?。

  DSCF0681.jpg
桟橋の沖に見えるのが、一文字防波堤西灯台。

  DSCF0721.jpg
ちょうど桟橋の補修工事が行われていたが、それとの関連性はどうなのか?。
どうしてこんなことに。原因調査が待たれる。

早朝から関係者が集まって協議していたが、元に戻すのは大変な作業になる。
海のレジャーが盛んになる夏休みまでには復旧してほしいが、、、。


  DSCF0695.jpg
せっかく整備された「ほりえ海の駅」が、無残なことに--。

2016年6月3日午前5時15分撮影。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村

愛媛県 ブログランキングへ
「安芸の小京都」 竹原の町並みを歩く
「安芸の小京都」という広島県竹原市の町並み保存地区を散策した。
町並み保存地区は各地にあるが、ここは「重要伝統的建造物群保存地区」(重伝建)で、国のお墨付きのある最もレベルの高いゾーン。愛媛では、内子町と宇和町の町並みがこの指定を受けている。

竹原は人口3万にも満たない市だが、平安時代には京都下鴨神社の荘園として繁栄し、江戸時代には製塩や酒造業で栄えた。
保存地区には、江戸から昭和初期の民家が石畳の道沿いに連続して軒を並べ、往時の繁栄をうかがわせる。
小さな脇道にも江戸時代の白壁や格子戸が続く、情緒豊かな町である。

  DSCF0609.jpg

↓NHKの朝の連続テレビ小説「マッサン」で急に有名になった竹鶴酒造も町並みの一角にある。
「日本のウイスキーの父」竹鶴政孝の生家がここ。3連切妻屋根が特徴。黒漆喰もいい雰囲気を出している。
  DSCF0612.jpg

↓生家近くの歴史民俗資料館の庭には、竹鶴政孝とリタ夫人の銅像ができ、観光客に大人気。
  DSCF0637.jpg

↓町並みの中で、最もインパクトが強いのがこの松阪家住宅
屋根は波打つような見事なムクリ屋根。また白やグレーの多い町並みの建物の中で、唐破風の黄色地がひときわ目を引く。
(屋根面は、真っ直ぐなのを直線屋根という。寺社建築によく見られる反っている屋根がそり屋根、そして膨らんでいるのが、ムクリ屋根で、桂離宮古書院が有名だ。今でもムクリ屋根の建築は作られているが、愛媛での近代化遺産としての古いムクリ屋根建築では、”鉱山王”といわれた宇都宮壮十郎邸=八幡浜市保内町=が知られる。)
松阪家住宅は、塩田経営で財を成した浜旦那の邸宅。江戸末期に建てられ明治12年に改築された。
2階の菱格子窓も見事な出来栄え。他の民家を圧倒するような実に堂々とした建物だ。余談だが、今治市波止浜や伯方方面でも、塩田経営者を浜旦那というようだ。
  DSCF0615.jpg

↓町並みの中で一軒だけ異彩を放つ洋館がある。昔は図書館で、今は歴史民俗資料館。
  DSCF0636.jpg

↓メインルートだけでなく、一歩路地に入ったところにも、江戸の雰囲気が漂う。漆喰壁と飴色の格子が続き、地区一帯をノスタルジーの世界に包み込む。ほとんどサッシが使われておらず、どこも木造。住民が町並み保存に協力しているのがわかる。
  DSCF0630-001.jpg

↓石畳にはチリ一つ落ちていない。玄関口には花。住民は町並み保存や美化に心を込めているように思われた。
  DSCF0654.jpg
竹原と内子の保存地区を印象で比較すると、町並み全体がしっとりとした雰囲気に包まれているのが竹原。一人で石畳を歩いて情緒にしたれる感じがする。ただ竹原には松阪家以外は、特徴ある豪華なものやカラフルなものが乏しいように思う。その点、内子には本芳我家、上芳我家のような重要文化財の豪勢な建物がいやでも目立つ。これは塩田と製蝋の事業内容の違いが町並みにも影響を与えているのだろうか。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村

愛媛県 ブログランキングへ
★注★怪しい文書が松山に郵送されている。これって、詐欺の仕掛け!?。
変な文書が郵送されてきたと、知人から連絡があり、見せてもらった。
「震度測定器の利権の募集」という内容。
”利権の募集”というだけでも、怪しい匂いがプンプンする。
おそらく、これをきっかけに、ナゾの人物が次々と電話で登場する--気がする。
地震多発の昨今を狙って震度測定器というモノを使った新しい手口か。
平和な松山にもこんなものが出回っている。内容をご紹介する。どうぞ御用心!。

  DSCF0263.jpg
(A4サイズの文書が折らずに入る大型封筒。東京本社のはずが、なぜか消印は所沢。下2枚が写真用紙に印刷した文書=写真では青白く写っているが、実際は白色)

大型封筒にA4サイズの文書が2枚入っている。文書といってもパソコンで作成し、写真用紙に印字した簡単なもの。
120円切手が貼ってあって消印は「所沢」(埼玉県)。封筒には、株式会社ライナXXXXと、社名が1行だけで、住所の記載もない。
中の文書には、企業概況などが記載されている。老人をターゲットにしているからだろう、活字が大きい。
文書に本社の住所記載があって、本社は東京都品川区東五反田6-24-3となっているが、この東五反田に6丁目はない。
本社住所が架空というだけでも、怪しい。

  DSCF0264.jpg
(文書の中の本社が記載されている部分、品川区東五反田は1-5丁目までで、6丁目はない)

この会社は、振動計測器等の計測装置の専門メーカーで、創業は45年というが、ネットで調べても社名は出てこない。
社名にしてもその他の記載部分にしても、似たような実在の名称があり、思わず、笑ってしまう。
そして、「振動計測器の利権の募集をさせていただきます。利権番号XXXX」として、続いてお問い合わせ番号として、0120で始まる電話番号が記載されている。東京本社なら03で始まる電話があって当然と思うが、それさえも記載がない。

問い合わせすれば、おそらくおいしい高配当話がささやかれるのだろう。
また放っていても、その後、電話がかかってくる、だろう。簡単な手口では、利権と称するものの購入勧誘だ。言葉巧みに利息の高い高配当をうたう、おいしい話が出てくるはずだ。契約でもしたら、もうお金は戻らないと覚悟したほうがいい。

いや、ひょっとしたら、その利権を売ってくれ、譲ってくれという話かもしれない。「必要ないから、譲ってあげる」。そんな人が多いだろう。ところが、好意で譲ったつもりなのに、実は、ここに罠がある。この種の話では、次に警察官や弁護士と称する人物が登場してくるのだ。そして「あなたの行為は、金融商品の取引法や販売法に違反している」とか、「出資法違反だ」などと、法律用語を次々と繰り出し、言いがかりをつけてくる。法律違反だ、逮捕されるぞと、連日のように脅かし、示談金を要求する。そんな巧妙な手口かもしれないのだ。
今回の文書が100%詐欺の道具とは言わない。が、失礼ながら、はなはだ胡散臭いのは間違いない。

最近の特殊詐欺は、年金や還付金、マイナンバーをめぐるものが多かったが、とうとう地震に絡むものも、という印象。
低金利時代だけに今後ますます、高利回りをうたう”おいしい話”が飛び交う。
不審な文書や電話が来れば、知人に相談したり、警察や地元の消費生活センターへご連絡ください。
愛媛県消費生活センターは、089-925-3700。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村

愛媛県 ブログランキングへ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。