レトロ旅えひめ巡り
愛媛県のノスタルジーを求めての旅ガイド。近代化遺産の建造物や農漁村の原風景、いつかどこかで見た光景を紹介していきます。古いえひめを一緒に探してみませんか。
プロフィール

まくり王

Author:まくり王
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



訪問No.



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千島艦事件の光と陰 Ⅳ
Ⅳ、西条にある殉職者の碑
鷺宮神社境内にある殉職者の追悼碑


 千島艦沈没で殉職した74人の中には、愛媛県人が1人含まれている。西条市壬生川出身の信岡菊蔵一等水兵である。その慰霊碑が、地元・壬生川の鷺森神社本殿横に建っている。「信岡君之碑」と題して、彼の略歴等が刻まれているのだが、その碑文はただでさえ難しい漢文調。それに石碑自体も風雨にさらされて汚れ、文章の判読を一層難しくしている。これが千島艦事故での被害者の慰霊碑と知る人は少ないだろう。

 信岡一等水兵は、「桑村郡大新田村」の出身というから、今の西条市壬生川になる。幼少期に父親を亡くし、明治17年に海軍に入り、横須賀海兵団に入団、その後、各艦を転属し、運命の千島艦の乗組員になっていた。
 遭難の一報を聞いた壬生川の人たちは、信岡一等水兵の救助のため漁船を現場海域に出動させ、捜索活動を展開している。同郷者を想う、温かい壬生川の海の男たちの友情が感じられる。

 碑文は上司だった内田正敏海軍大佐が書き、同僚らの手によって建立された(碑文では、菊造となっているが、これは通称で戸籍名は、菊蔵である)。境内に何の案内板もなくポツンと立つ石碑の姿は、一抹の寂しさを覚える。


【「千島艦事件の光と陰」の参考文献】
「千島艦沈没」(松尾忠博著、伊予民俗の会)
「軍艦千島の沈没と正岡子規」(松尾忠博著、子規会誌34号)
「千島艦衝突事件と水先人北野由兵衛」(村上貢著、海事史研究42号)
「千島艦遭難について」(近藤勲著、東予史談6号)
「郷土誌資料第12号、千島艦号追録」等
また、軍艦千島沈没事件調査研究所(松山市堀江町)の松尾忠博代表から直接お話を伺いました。深く感謝いたします。





スポンサーサイト

テーマ:愛媛県 - ジャンル:地域情報





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。