レトロ旅えひめ巡り
愛媛県のノスタルジーを求めての旅ガイド。近代化遺産の建造物や農漁村の原風景、いつかどこかで見た光景を紹介していきます。古いえひめを一緒に探してみませんか。
プロフィール

まくり王

Author:まくり王
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



訪問No.



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三滝渓谷の入り口に屋根付きの「合良橋」
西予市城川町の三滝渓谷の入り口に架かっている屋根付き橋が合良橋だ。
昔は生活道としての橋だったのだが、平成元年(1989)に復元改修され、今は公園橋、観光橋となっている。
緑豊かな自然公園にふさわしい、お出迎えの橋と言えよう。
  DSCF3009.jpg
長さは9メートル、幅3メートル。木造で、ガリバリウム鋼板葺き。
床板を太鼓橋のように湾曲させている。
屋根は平成18年(2006)に改修された。

城川自然ロッジの駐車場に車をとめ、万葉集の歌碑や植物の植えられた“万葉の道”を歩くと、この橋にたどり着く。
ここから水車小屋や城川地質館、「びっくりはうす」(錯覚やトリックなどを展示、体験できる)へ行くことが出来る。
さらに森林浴の渓谷散策が楽しめるのだ。
城川自然ロッジから三滝神社までは遊歩道が整備されているから、歩きやすい。
  DSCF3016.jpg
三滝渓谷自然公園はいたるところに滝があり、オゾンを浴びながら緑いっぱいの自然の中を歩くようになっている。
心身ともにリフレッシュできる。夏休みには親子連れでちょっとした山歩き気分を満たすのにぴったり。
慌ただしい現代だからこそ必要な場所のように思える。

が、残念なことに、拠点の城川自然ロッジは2年ほど前から営業を休止、無人の館になっている。
広い駐車場がガラーンとしている。
宿泊や食事もできて、私もここが三滝ロッジと言っていた時代に、一度泊ったことがある。いいところだったのに、再開のめどが立っていないというのは、実に寂しい。来客が少ない理由はわかる。それは、あまりにも辺鄙、交通の便が良くない、自然以外何もないーーこれら短所が長所に変わる日が来るといいのだが、、、、。

  DSCF3021.jpg
城川自然ロッジに向かうすぐ手前には、「城川自然牧場」(城川町窪野2579-2)がある。教会風の外観が異彩を放つ。ここはドイツ風の本格的ハムやソーセージの製造販売所。工場内の見学もできる。ただし火曜は定休日。

交通ガイド:国道197号を道の駅「きなはい屋しろかわ」付近から、窪野地区へ。「城川自然牧場」が目印。
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村

愛媛県 ブログランキングへ
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://makuriou.blog.fc2.com/tb.php/107-9f1615fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。