レトロ旅えひめ巡り
愛媛県のノスタルジーを求めての旅ガイド。近代化遺産の建造物や農漁村の原風景、いつかどこかで見た光景を紹介していきます。古いえひめを一緒に探してみませんか。
プロフィール

まくり王

Author:まくり王
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



訪問No.



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



「日本の棚田百選」 泉谷の棚田(内子)
日本の棚田100選に選ばれているのが、内子町(旧五十崎町)の「泉谷(いずみたに)の棚田」だ。
車で狭い山道をどんどん登っていく。標高にして470メートル。突然視界が開け、見えてくる。
百選のなかでも、特に傾斜がきつい棚田として有名だ。
四季折々に景色が変わる。一度、訪問されてはいかが---。

  DSCF3180.jpg

急傾斜地に95枚の水田、4ヘクタールが、今も耕作され続けている。
ここを築き上げた先人の労苦がしのばれる。
さらに、わずか数戸の集落ながら、平成11年に「泉谷地区棚田を守る会」を結成した。棚田のオーナー制度もあって、その方々らのおかげで、毎年、美しい景観を見ることが出来る。

  DSCF3170.jpg
棚田は四季それぞれに、カラフルに違った風景を見せる。田植え期の緑色もあれば、稲刈りの季節には一面黄色に染まる。冬は白銀の世界にもなる。だから季節ごとに訪れて、カメラを向ける人もいる。

  DSCF3164.jpg

棚田のビューポイント付近に水車小屋を備えた“管理棟”がある。折角の水車は動いていなかったが、これはたまたまか、それとも故障中?。近くに駐車スペースやトイレもある。

交通ガイド:前回掲載の屋根付き橋の常盤橋を目標に行く。ここに、案内地図があり、それに従っていく。ただ、ここからでもかなりの山道になるが、要所に案内板があるのでそれに従えば、迷わない。

【日本の棚田百選】農林水産省が平成11年(1999)7月、全国117市町村134地区の棚田を選定した。愛媛で選定されたのは3か所で、この泉谷のほかは、「堂の坂の棚田」(西予市城川町田穂、100枚1・5ヘクタール)、「奥内の棚田」(松野町蕨生、600枚20ヘクタール)となっている。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村

愛媛県 ブログランキングへ
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://makuriou.blog.fc2.com/tb.php/114-b7f685de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)