レトロ旅えひめ巡り
愛媛県のノスタルジーを求めての旅ガイド。近代化遺産の建造物や農漁村の原風景、いつかどこかで見た光景を紹介していきます。古いえひめを一緒に探してみませんか。
プロフィール

まくり王

Author:まくり王
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



訪問No.



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



鬼北にも残る煉瓦造の倉庫
赤煉瓦になにか郷愁を覚え、魅せられるのは、自分だけだろうか。
ある研究家の説では「西洋化を始めた時、煉瓦は日本人のDNAに組み込まれた。その後は煉瓦の建造物に出会うたびに、その遺伝子がにわかに覚醒するから、郷愁を感じるのではないか」という。
ウーン、団塊の世代には納得の説である。

明治から大正にかけての約50年が“煉瓦の時代”で、近代化の波とともに各地に煉瓦建造物が造られた。
その名残りの煉瓦造の倉庫が、旧の北宇和郡広見町(現・鬼北町)にも残っていた。
鬼北では唯一のモノになっているようだ。

DSCF3575.jpg
愛媛の近代化遺産の本(「愛媛温故紀行」)に芝圓治家の米蔵として、写真の載っている建物がこれだ。

ぜひ見てみたい。
本には、詳しい所在地が記載されていないので、
鬼北の中心地にある高田商店で、配送の女性にこの煉瓦倉庫の場所について尋ねてみた。
「店内でお待ちください。社員に聞いてみますので」と。

すると、どうぞと冷たいゆずの果汁が出てきた。
さっぱりした味、うまい。もう一杯欲しかったが、お代わりを申し出る勇気はない。
店内の10人余に煉瓦倉庫情報を聞いてくれて、そのうちの1人が丁寧に行き方を教えてくれた。
旅先での親切は、本当にうれしいもの。
高田商店はとても感じのいい会社だ。皆さん! 「ゆずの里ぽん酢しょうゆ」などご愛用ください。

DSCF3583.jpg
JR近永駅前の左側、芝薬局の裏手にひっそりとたたずんでいるのを見つけた。

大正3年(1914)の建築というから、ちょうど100年前のモノだ。現所有者の方の話では、「以前は線路の向こう側にあったのを、曳家(ひきや)して、ここに移した。昔は米の倉庫として使われたようが、今は傷みも激しく、物置にしている」という。
イギリス積みで、上部にはしゃれた装飾が施されている。
入り口は鉄の扉だったが、扉の重さで煉瓦が壊れそうになったので、扉を取り外したそうだ。
補修の費用は、かなりの額になりそう。保存できるだろうか?。

参考文献:「愛媛温故紀行」(えひめ地域政策研究センター、アトラス出版)、「鉄道と煉瓦」(小野田滋、鹿島出版会)
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村

愛媛県 ブログランキングへ
スポンサーサイト


コメント
赤煉瓦
愛媛温古紀行に載っていたんですね。広見町にはかれこれ足を運んだんですが、知りませんでした。レンガ倉庫の場所、確認しました。ストリートビューでも、線路をはさんだ位置から確認することができました。ところで、愛媛温古紀行にも載っている四坂島の日暮別邸ですが、建物の一部がカラミレンガで作られており、その積み方がフランドル積みなんだそうです。見に行くことはできませんがね。
[2014/08/29 19:27] URL | 以志橋福助 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://makuriou.blog.fc2.com/tb.php/124-930a5e67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)