レトロ旅えひめ巡り
愛媛県のノスタルジーを求めての旅ガイド。近代化遺産の建造物や農漁村の原風景、いつかどこかで見た光景を紹介していきます。古いえひめを一緒に探してみませんか。
プロフィール

まくり王

Author:まくり王
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



訪問No.



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



旧大西旅館を見たことがありますか。(久万高原町)
すごい建物だ!。 文化財に指定されている建物より、はるかに観光的価値があるように思う。
圧倒されるような大きな木造3階建ての古い建物が、久万高原町渋草(旧面河村)にある。
旧大西旅館という。20年ほど前に旅館は廃業したのだが、今も看板が残り、繁栄の夢の跡を残している。

  DSCF3851.jpg
  DSCF3819.jpg
割石川に沿って少し「く」の字形になった建物だ。道路面が2階にあたり、1階はいわば地下。旅館時代は、1階がお風呂などで、2階は経営者が住み、3階部分が宿泊施設だったという。

       DSCF3831.jpg

  DSCF3829.jpg
山沿いの建物中央部に入り口がある。看板も健在で、今でも営業しているかのよう。
創業がいつだったのかは確認できなかった。ただ、客の不始末で火災になったり、大水が建物にまで襲いかかって来るなどの悲劇にも見舞われてきた。特に、客が多かったのは昭和30年代。上流に面河ダム建設工事が始まり、作業員ら多くの関係者が利用したのだ。大西旅館のほか、すぐそばにもう一軒、旅館があり、ともに繁盛したそうだ。

しかし、長くは続かなかった。近くの人の記憶では、20年ほど前に、旅館は営業を終え、その後は、南側の杣川橋(そまかわはし)側でたばこ店、北側で理容店の営業が行われたが、それもかなり前に閉店してからは空き家になっているとのことだ。
こんな大きな木造3階建ては、めったに見られるものではない。それにさまざまな人が利用する旅館だ。まだ、ここに泊った事のある人がいるに違いない。窓を開ければ清流の川、風光明媚な癒しの宿。川向こうから建物を眺めていたら、今にも浴衣姿の客が窓をガラガラと開けそうな不思議な気分になった。しなびた山里を行けば、こんなものにも出会える。

DSCF3821.jpg
面河ダムに向かう国道494号の大成入り口近くにある。標識の向こうに見えるのが旧大西旅館。(1枚目の写真に橋の親柱が写っているが、この橋が大正時代に架かった杣川橋。コンクリート充腹アーチ橋で、一見の価値あり。日を改めて紹介したい)

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村

愛媛県 ブログランキングへ

スポンサーサイト


コメント
レトロ旅えひめ巡りさんへ
はじめまして、バイクでGoです。

ご心配をおかけして申し訳ありません。

色々な事情で、バイクで走りたい状況では無いので、

ブログは書いていません。

その内また書ける日が来ると思います。

心配して頂いて有難うございました。
[2014/09/20 13:38] URL | バイクでGo #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://makuriou.blog.fc2.com/tb.php/127-a7001f60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)