レトロ旅えひめ巡り
愛媛県のノスタルジーを求めての旅ガイド。近代化遺産の建造物や農漁村の原風景、いつかどこかで見た光景を紹介していきます。古いえひめを一緒に探してみませんか。
プロフィール

まくり王

Author:まくり王
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



訪問No.



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★新居浜太鼓祭り やっぱり凄い!ダイナミックで勇壮華麗
新居浜で太鼓祭りを見た。実は初めての体験。絢爛豪華とは聞いていたが、まさにその通りだった。
勇壮華麗とか、ダイナミックとか、色々な形容が当てはまる。愛媛の秋祭りで、出色のモノであるのは間違いない。
一番安全に見られるという山根グラウンドでの統一寄せを見物した。

IMG_4900.jpg
こども太鼓台が10台、大人の太鼓台が19台も勢ぞろいする。
大人のは、高さが約5・5メートル、長さ約12メートル、幅約3・4メートル、重さ約2・5トンもある。それを150人ほどの“かき夫”と呼ばれる担ぎ手が担ぎ上げるのだから、男たちの汗がほとばしる力祭りでもある。

IMG_4927.jpg
かき棒にまたがる4人の指揮者が運行を指示、実にカッコいい、新居浜での男の晴れ姿だ。

DSCF4757.jpg
太鼓台は、金糸銀糸で立体刺繍した飾り幕が豪華さを演出している。見事な芸術品といえる。太鼓台ごとにそれぞれデザインが違い、飾り幕の模様でも美を競い合う。この豪華さだから、太鼓台を新調すると、1台で数千万円もかかるという。
飾り幕の基本は3段構成で、その一番上を「布団締め」といい図柄は龍。真ん中は「上幕」、その下段を「高欄幕(下幕)」といい、龍や唐獅子、虎、鷲、社寺、城郭、宮殿、武者絵、日本神話などの図柄が描かれる。

DSCF4719.jpg
太鼓台ごとにそろいの法被、「チョーサージャー」「ソーリャ、ソーリャ」の掛け声をかけて、町を練り歩く。

DSCF4748.jpg
山根グラウンドには、3万5千人(主催者発表)の観客が訪れた。登録文化財になっている観覧席もぎっしり観客で埋まっていた。
この祭りは、“四国3大祭り”のひとつという。あとの二つは、阿波踊りとよさこい祭り。3大祭りという表現自体があまり知られていないが、他の2つと比べると、太鼓祭りはまだまだ「地方区」の感が強い。もっと、PRの必要がありそう。
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村

愛媛県 ブログランキングへ
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://makuriou.blog.fc2.com/tb.php/139-63ba6a83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。