レトロ旅えひめ巡り
愛媛県のノスタルジーを求めての旅ガイド。近代化遺産の建造物や農漁村の原風景、いつかどこかで見た光景を紹介していきます。古いえひめを一緒に探してみませんか。
プロフィール

まくり王

Author:まくり王
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



訪問No.



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧川内町の国道11号そばに、大正期のコンクリートアーチ橋「三和橋」
国道11号の東温市則之内交差点。
近くにJAえひめ中央「三内」のあるところといえば、分かる人も多いと思う。
国道には井内川橋が架かっているが、そのすぐそばの旧道に大正期の貴重なアーチ橋が残されているのをご存じだろうか。

大正11年(1922)6月にできた。
92年前のもので、現存するコンクリートアーチ橋としては、県下で一、二を競う、歴史を持つ。
すごい近代化遺産だが、知っているのかいないのか、今も車が盛んに通り、現役で使われている。

DSCF0019.jpg
かわいそうな姿になっている。
欄干もなければ、親柱もない。
欄干はガードレールに変わっているから、ここの下がアーチになっているのを気付かない人もいるだろう。
長さ24・3メートル、幅3・5メートルある。

DSCF0045.jpg
JAのマーケットやふるさと市(上写真右側)へ行く道で、まだかなりの通行量がある。
親柱が4本ともないから、橋の名前が分からない。と思ったのだが、実は橋の名前は分かるようになっていた。
名前は下写真のように、ガードレールに貼り付けてあった。「三和橋」「さんわはし」と。
橋梁の記録によって、これが大正11年竣工の三和橋と分かる。
ガードレールにするときに、せめて橋の名前を後世に残そうとして、橋名を貼り付けたのだろう。

DSCF0042.jpg
DSCF0041.jpg
今の国道11号交差点、井内川橋の標識も見える。旧道は右側で、国道から10メートルほど離れた所。

DSCF0038-001.jpg
橋の名前は、川や地名をとりいれたものが多い。橋の下を流れているのは、井内川で、当時の地名としては三内村。
三和という地名はない。それなのに、この橋の名前がなぜ“三和橋”なのか-。これについては、アルプさんのブログ「お気楽アルプ日記Vol、2」(2010,7,06)が楽しく解説している。実に面白いブログだ。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村

愛媛県 ブログランキングへ
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://makuriou.blog.fc2.com/tb.php/140-324842d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。