レトロ旅えひめ巡り
愛媛県のノスタルジーを求めての旅ガイド。近代化遺産の建造物や農漁村の原風景、いつかどこかで見た光景を紹介していきます。古いえひめを一緒に探してみませんか。
プロフィール

まくり王

Author:まくり王
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



訪問No.



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



暖炉も洋式便器もある。新居浜の旧広瀬邸はすごーい。
広瀬宰平と言えば、別子銅山の支配人から住友家の初代総理人となり、住友グループの基礎を築いた人物。
強力な権力の座にあった彼の“豪邸”は、国の重要文化財となって、今も新居浜市に残っている。
一言でいえば、すごいスケールの和風にモダンをプラスした住宅。
明治では珍しい暖炉や洋式便器など、さすが広瀬邸と思わせる、そのポイントをスケッチしてみた。

  DSCF0188.jpg
母屋は明治10年(1877)に現在地より北に約4キロ離れた久保田に建築され、明治20年に米蔵などとともに現在地に移築された。明治22年(1889)には、母屋に接続する形で新座敷や庭園が造られた。
写真上=これが母屋の正面玄関。
2階は望煙楼と名付けられ、ここからは新居浜市内から臨海部まで見渡せる。広瀬が愛した場所と言われ、ここで住友や新居浜の発展に思いを巡らせていたのだろう。

  DSCF0185.jpg
母屋の屋根の上に見えるのが、輸入物の避雷針。板ガラスも珍しい。明治の和風の住宅に似つかわしくない感じがするが、西洋のさまざまな知識を導入していた広瀬らしい発想の代物だ。

  DSCF0214.jpg
これもびっくり、洋式便器。もちろんイギリス製。母屋2階にある。明治20年の移築時に設置されたようだ。

  DSCF0203.jpg
広瀬がいつもいた居間。ここにあるのが暖炉。その前に、掘りごたつと火鉢がある。和と洋の奇妙な同居だが、寒いときの暖炉の良さにすっかり魅せられていたそう。

  DSCF0196.jpg
来客専用のお風呂まである。楠で造られている。

  DSCF0198.jpg
望煙楼から遠く瀬戸内海をも望む一方、座敷からは、日本庭園の美が満喫できる。またこの庭園には、芝生も取り入れられており、ここにも伝統の中に洋風を積極的に取り込んだ広瀬の考えの一端がうかがえる。座敷の縁側に座り、季節ごとに色彩を変える静かな庭を見つめる--、これこそまさに至福の時のように思えた。

広瀬邸は平成15年、「別子銅山を支えた実業家の先駆的な近代和風住宅」として、母屋、新座敷、離れ、金物蔵・米蔵、門番所、乾蔵、表門の7棟が国の重要文化財に指定された。見どころがいっぱいで、とても書ききれない。時間があれば、ゆったりと明治にタイムスリップしながら見て欲しいスポットだと思う。

所在地:新居浜市上原2-10-52
料金:「広瀬歴史記念館」「旧広瀬邸」の見学料金=大人520円
営業時間:9:30-17:30(受付17:00まで)
定休日:月曜日、祝祭日の翌日、年末年始(12月29日ー1月3日)
問い合わせ:広瀬歴史記念館(0897-40-6333)
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村

愛媛県 ブログランキングへ
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://makuriou.blog.fc2.com/tb.php/152-9c167e89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)