レトロ旅えひめ巡り
愛媛県のノスタルジーを求めての旅ガイド。近代化遺産の建造物や農漁村の原風景、いつかどこかで見た光景を紹介していきます。古いえひめを一緒に探してみませんか。
プロフィール

まくり王

Author:まくり王
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



訪問No.



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ砥部にだけ、ミカンの倉庫群があるのだろうか。
一風変わった形態のミカン貯蔵庫が、砥部町外山(とやま)地区周辺に100棟近くも残っている。
その形態とは、以下写真でもわかように、どこかメルヘンチックな代物。原則的に木造で、土壁、切り妻セメント瓦葺き。
それに開き戸が上下に付いている。2階建てで傾斜地に建つものは、その傾斜を利用して2階からも出入りできる仕組みになっている。砥部の柑橘農業の歴史の一端を物語るもので、保存しておきたい貴重な施設群だ。

 DSCF0788.jpg
  DSCF0784.jpg
これらは、まるでそっくりさん。同じ設計図でつくられたみたいだ。
  DSCF0768.jpg
斜面を上手に利用すれば、2階部分が出入り口になる。開いた扉から、ミカンがきれいに棚に並べられて貯蔵されているのが見える。

  DSCF0804.jpg
1階の屋根に橋をかけて、2階を出入り口にしたものも。

愛媛は生産量全国第2位のミカン王国。八幡浜、宇和島、今治、松山など東中南予どこも、ミカンの産地。だけど、このような貯蔵施設が建ち並ぶ光景を見たことがない。なんで、砥部にだけあるのか。
これは、産地の特性に由来する。砥部のような内陸産地のミカンは、海岸近くの産地と比べて、果皮がやや厚く、酸度も高い。ややもすると、市場で敬遠されるのだが、そこに知恵者が現れ、貯蔵する方法を提案した。貯蔵しておけば、熟成して甘みが出る。おまけに、時差出荷で価格的にも有利ということになり、皆こぞって、貯蔵庫を建てるようになった。
建設は大正末期から始まり昭和40年代にピークを迎える。
初期のモノは、土壁式で平屋が多かったが、昭和に入ると上下に出入り口を持つ2階建てが主流になった。
その後は、モルタルやブロック造りも出始め、造りによって年代がわかることにもなる。
  DSCF0816.jpg
土壁で断熱効果を高め、また内部の空気が蒸れないよう下部の土壁に換気口(写真参照)、屋根の妻側にも空気の通り道を設けている。
内部はほとんどが、竹のスダナ式、その上にミカンをバラで積んで並べていた。戦後には、棚でなく引き出し式の貯蔵方法も登場した。このように一部に新しいアイデアが採用されているが、基本的には大正時代の初期から半世紀、ほとんど変わっていない。よほど便利な施設だったのだろう。

  DSCF0803.jpg
写真のように、やや大きめの施設も登場したが、長く続いたこのミカン貯蔵庫。昭和50年代から平成にかけて、使途の変更や解体など大きなうねりの中に身を置いている。なぜか。
それは品種改良である。消費者はより甘く、新鮮で食べやすいミカンを求める。これまでのような普通温州では、市場での高値は期待できなくなった。出会った農家の人は言う。「これまでのミカンは作っても安い。新しいミカンでないと収入にならない」と。確かに近年、”紅まどんな”なんてミカンは、ひとつで500円なんていうものもある。安いミカンは作らない、それは同時にこれまでのミカン貯蔵庫は不要ということ。鮮度を重視し、収穫すれば即、市場へ出すのだから。

だから、ミカン貯蔵庫のうち、本来の用途で使われているのは今では、10か所あるかないかに減少している。貯蔵庫の多くが単なる“物置”に変わり、一方では風雨と歳月によって土壁が自然に還ろうとしている。
 
  DSCF0767.jpg
ミカン山に残る貯蔵庫。屋根は傷み、大きな台風時には崩壊するかも。砥部のミカン山に残る独特の景観もいつしか消え去っていくようだ。

参考文献:砥部町誌、砥部町郷土誌資料第4集、愛媛県の近代化遺産「砥部町外山のミカン小屋群」(二村悟)、舞たうん2012.10「農業遺産・砥部のみかん小屋」(岡崎直司)

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村

愛媛県 ブログランキングへ
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://makuriou.blog.fc2.com/tb.php/153-7250d9ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。