レトロ旅えひめ巡り
愛媛県のノスタルジーを求めての旅ガイド。近代化遺産の建造物や農漁村の原風景、いつかどこかで見た光景を紹介していきます。古いえひめを一緒に探してみませんか。
プロフィール

まくり王

Author:まくり王
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



訪問No.



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国道11号の「落手橋」から昭和初期の「落出橋」が見える。(東温市)
国道11号の桜三里、落手トンネルそばに一見しただけで「古い」と思える橋がある。
松山方面から右手、滑川渓谷に向かう道に入ると、すぐそこに見える。
コンクリート製の桁橋で、これが落出橋。親柱には「昭和7年6月竣功」と刻まれている。
この時期の桁橋は、特徴のないのが特徴のモノが多い。地味ながら実用本位を貫く。
これも今では、“83歳”のお年寄りになっているが、路線バスの通る元気な橋である。

  DSCF0837.jpg
この橋の上流が滑川(なめかわ)渓谷。
大きな一枚岩の川床を滑るように水が流れ、四季折々で風景が美しく変わる名所だ。

  DSCF0834.jpg
ずっしりと重量感のある親柱。その大きさに比べて、橋名の銘板サイズがちょっと不釣り合い?。

  DSCF0864.jpg
  DSCF0851-002.jpg
橋の袂は、バスの停留所になっていた。この橋は今でも定期バスの通るメーンルートだ。

  DSCF0857-001.jpg
旧道の「落出橋」の向こう側に見える青色の橋が国道11号。ここに架かっている橋が「落手橋」。
隧道は「落手隧道」で、バス停名は「落出」。いったい、どうなっているの?。


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村

愛媛県 ブログランキングへ
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://makuriou.blog.fc2.com/tb.php/158-cf2ab0f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。