レトロ旅えひめ巡り
愛媛県のノスタルジーを求めての旅ガイド。近代化遺産の建造物や農漁村の原風景、いつかどこかで見た光景を紹介していきます。古いえひめを一緒に探してみませんか。
プロフィール

まくり王

Author:まくり王
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



訪問No.



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



内子町の「旭館」、登録有形文化財に申請中
内子町で知る人ぞ知る、観光名所が新たな脚光を浴びようとしている。
活動写真館「旭館」(のちに電気館と改称)。
内子町が、国に登録有形文化財の申請をしている。

     IMG_2898.jpg大正時代の映画館・旭館

IMG_2899.jpg
                            (入り口に掲げられている解説文)

 活動写真館なんて、その響きを聴いただけで何ともいえず、懐かしさでいっぱいになる。娯楽の王様だった映画が、TVの普及や別の娯楽の流行とともに衰退して、町からは映画館が次々と姿を消していった。
 松山では、スバル座、銀映、大劇によく行った。それに奥道後でもよく映画を見たものだ。今では知る人が少なくなったかもしれないが、奥道後には、確か4館ほどの映画館があって、入場すれば見放題。よくお世話になっていたが、、。今、奥道後にその面影はない。

 昔の映画館といえば、切符売り場は手が半分入るほどの小さなアーチ型の窓があって、お金と入場券を交換した。窓の向こうの女性がどんな人なのか、指先を見て想像した。そして入場券を半券を切る人に渡して入る。売店もあり、またトイレもあったが、ここにはアンモニア臭がつきものだった。ちょっと秘密めいた、ときめきみたいなものがあって、映画館にいくことは一種高揚感を伴うことだった。シネコンにはない、ロマンが「映画館」にはあったのだ。どんどん話が横道にばかり入っていくので、元の旭館へ戻そう。

 そんなこんなで、以前から、内子を訪問するたびにこの旭館の行方を見続けてきた。

 旭館の由来は、写真の解説文を読んでいただき、建物もまた写真をご覧いただきたい。いい雰囲気の建物とは思いませんか。これを内子町が国に登録有形文化財の申請をしたとの報を聞いて、うれしくなった。まだ文化財指定が決まったわけではないが、、。一時は、芝居小屋の内子座(大正5年=1916年建築)と興行を競い合ったこの旭館。今一度、光を当てたいと思う。

 所有者の方が、内部を一部改装したとも聞く。ただ、まだまだ内外装ともに、かなりの修理が求められているような気がする。問題は予算だろう。この建物は、内子の近代化を見守ってきた近代化遺産であることは間違いない。広く、町民、県民、国民から改修予算を募ることは難しいのだろうか。

 入り口の戸が開いていたので、少し中を見ると、東映映画のポスターが6,7枚貼られていた。カラーと言わず、総天然色という文字がポスターに。美空ひばり、大川橋蔵、古い古い古い、、、。
 予算が許せば、内部は昔の映画のポスターを展示してもいいかも。世の中には、コレクターが多いから、協力を仰げば、すごいお宝の記念館になるかもしれない。

 なお、「愛媛県の近代化遺産」(県教委発行、平成25年3月)では、建築年を大正15年(1926年)3月としている。これは発起人の徳田徳三郎氏が役所に提出した建物建築申告の写しに基き、その後援会記録に「大正15年3月起」とあることから、15年説を採用している。
(写真撮影:平成25年4月10日)

交通ガイド:所在地は内子町内子。大森和蝋燭屋の前、森文醸造株式会社のそば、案内標識があるから、森文醸造を目当てに行けば、すぐわかる。


**次回からブログのタイトルを「レトロ旅えひめ巡り」に変更いたします。読者の方からブログのタイトルが内容としっくり合っていないとの指摘があり、より内容にマッチしたものにいたしました。
スポンサーサイト


コメント
旭館一日だけの復活上映会開催のお知らせです
前略 はじめまして、私は東京から内子町へ2003年から移住しているコマの曲芸師、三増巳也(みます みや)と申します。こちらの記事を拝見してお知らせさせていただこうと思い、コメント欄を拝借します。ご存知でしたら失礼で申し訳ないのですが、私は「旭館」持ち主である森文醸造株式会社さんと、文化財指定の運動に参加しています。URLは毎日新聞愛媛版の記事です。御覧くださいませ。2013.6.2に1961年作品の「赤穂浪士」を13時・17時に上映します。修復費用や賛同者を募る為の活動で、興味を持っていただけたら幸いです。主催は森文「旭館」保存会 問合せは 森文醸造株式会社まで。 よろしくお願いいたします。 敬具 三増巳也
[2013/05/08 14:53] URL | 三増巳也 #- [ 編集 ]

旭館1日だけの復活上映会
>みや様

ご連絡ありがとうございました。
6月2日はぜひ参加させていただきます。
出来るだけ多くの方が参加し、盛会にしたいですね。

三増さんのHPも拝見、とても興味を持ちました。
今後ともよろしくお願いします。

[2013/05/08 22:24] URL | Mr.M #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://makuriou.blog.fc2.com/tb.php/17-179694c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)