レトロ旅えひめ巡り
愛媛県のノスタルジーを求めての旅ガイド。近代化遺産の建造物や農漁村の原風景、いつかどこかで見た光景を紹介していきます。古いえひめを一緒に探してみませんか。
プロフィール

まくり王

Author:まくり王
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



訪問No.



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



華麗で優美な堂々たる江戸後期の二重門。(双海町高岸の三島神社)
華麗で優美といわれる見事な二重門。
長い石段を一段ずつ上るにつれて、その姿がどんどん近づいてくる。
こういう舞台装置の中で見るからこそ、美しさが際立つ。
前回に“狛亀”を紹介した伊予市双海町高岸の三島神社。その拝殿に行く途中にある。
夕やけこやけラインをドライブする際は、一度寄り道して鑑賞する値打ちは十分ある。

  DSCF1944.jpg
江戸後期の天保3年(1832)に、内子の大工・長尾幸之進が建築に着手。
なんと9年がかりで天保12年(1841)に完成した。
山の中腹に位置する、堂々たる神門で、伊予市の文化財に指定されている。  

  DSCF1940.jpg
参道から拝殿までは300段近い石段を上る。その中ほどの位置に二重門がある。

寺社の2階建ての門は、楼門と二重門に分類される。
楼門は屋根がひとつで、二重門はそれぞれの階に屋根があるものと、覚えておけばいい。
楼門は多いが、二重門は数が少ない。寺社で門を見たときは、屋根をチェックしてみるとまた楽しくなる。

  DSCF1960.jpg
彫刻は繊細で丁寧な仕事だ。京都の名工がこの彫刻を担当したといわれる。

  DSCF1948.jpg
門から振り返ると、伊予灘が広がっている。石段の途中でブリッジのようなものが見えるが、これはJR予讃線。

  DSCF1938.jpg
参道の入り口の鳥居。長い石段が一直線に続く。
傾斜角度のせいか、長い割には意外と苦にならない石段と思った。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村

愛媛県 ブログランキングへ
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://makuriou.blog.fc2.com/tb.php/176-02304f59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)