レトロ旅えひめ巡り
愛媛県のノスタルジーを求めての旅ガイド。近代化遺産の建造物や農漁村の原風景、いつかどこかで見た光景を紹介していきます。古いえひめを一緒に探してみませんか。
プロフィール

まくり王

Author:まくり王
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



訪問No.



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



柱状節理の美しい岩肌、迫力ある採掘坑跡が見れる砥石山(砥部町)
奈良・平安時代から、愛媛の特産物といわれたものは、何でしょう?。これが分かる人は、“愛媛博士”。
答えは、なんと「砥石(といし)」だった。
その産地が伊予郡砥部町外山にあり、その名も砥石山。この産業遺産がすごい。
採掘坑跡として町史跡に指定され、砥石の岩肌がダイナミックに露出した迫力満点の風景だ。

  DSCF2632.jpg
ここの砥石は、伊予砥(いよと)といわれる。かの正倉院文書にも記載され、天然砥石として1,200年以上の歴史を持つ。
刀剣の研磨には欠かせないとも言われた逸品が、ここから産出された。
江戸時代には、大洲藩が直轄で採掘を行い、藩の大きな収入源となっていた。

採掘坑跡は現在、砥石山公園として整備されている。今の季節は、新緑が包み込むように茂り、遠くからは採掘坑跡が見えにくくなっている。

  DSCF2643.jpg
採掘坑口のところまでは、近づくことが出来る。付近には砥石の原石(?)がゴロゴロしている。
この坑道は約10メートル進むと向こう側に出れるのだが、崩落の危険があるため、中への立ち入りは禁止になっている。

  DSCF2647.jpg
柱状節理(岩に入った柱状の割れ目)と言われる、独特の美しい岩肌がくっきり見えている。

ここの砥石屑が砥部焼磁器の創業の元となった。一帯は砥山といわれ、これが今の外山の地名になり、砥部の地名の元になったともいわれる。昔の子供たちの遠足の地は、砥部焼ではなく砥石山だったそうだ。
ここでの採掘は昭和50年(1975)頃まで行われたと言われる。業界では、近年「伊予砥」が復活したとの情報があるが、砥部町産業振興課では「確認していない」とのことだった。

  DSCF2665.jpg
所在地:砥部町外山965。(とべ陶街道53次の41番)。
ところどころに、案内標識があり、道なりに進めば迷わないが、写真上の三叉路のこの場所では左側へ。道が細くなるが、そのまま進めば「外山運動公園」の標柱と大きな貯水タンクがあり、まもなく「砥石山公園」に到着する。(写真の標識の下に、やや大きく「マムシに注意」の看板があるのだが、見えるかな。マムシにどう注意したらいいのか)
ソフトボールのできるグラウンドや駐車場、トイレもある。春は桜、秋は紅葉が楽しめる。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村

愛媛県 ブログランキングへ
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://makuriou.blog.fc2.com/tb.php/187-78c53c68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)