レトロ旅えひめ巡り
愛媛県のノスタルジーを求めての旅ガイド。近代化遺産の建造物や農漁村の原風景、いつかどこかで見た光景を紹介していきます。古いえひめを一緒に探してみませんか。
プロフィール

まくり王

Author:まくり王
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



訪問No.



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

綱敷天満神社近くに、今治で現役最古の「天神橋」がある。
見るからにレトロな橋だ。
今治市の綱敷天満神社に向かう道の途中に架かっている。
この神社は、菅原道真ゆかりの“天神さん”。だから、橋の名前は「天神橋」。
大正15年(1926)5月に架設、89年も経つが、今も現役。
今治で現役の橋としては、最も古い橋と思われる。

DSCF3259.jpg
親柱の形が何とも言えない古風な趣。
ちょっと痛々しいところもあるが、橋名の書体がまたいい雰囲気を醸し出している。

DSCF3249.jpg
「大正十五年五月架設」の文字。


DSCF3250.jpg
長さは6・4メートル、幅員6メートル。
欄干はデザイン的には、平凡。
写真右側の親柱にはガードレールがくっつかんばかりに接近していて、親柱の書体さえ確認できないほど。子供らが川へ転落するのを防ぐための処置のようだ。川には、大きな鯉が群れをなして泳いでいた。

DSCF3268.jpg
橋の近くにあるバス停の名前は「天神橋」。
この写真の真正面にあるのが「綱敷天満神社」(今治市桜井6丁目2-1)。
天神橋から300メートルほど離れている。

(注)現役とは言えないが、今治市には波止浜の龍神社境内に、神明橋という明治期の石造のアーチ橋が保存されている。この橋が、現存する今治市の橋としては最も古い。元は波止浜塩田の用水路に架かっていたもので、道路拡張工事に伴い昭和56年(1981)に、ここに移築された。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村

愛媛県 ブログランキングへ
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://makuriou.blog.fc2.com/tb.php/197-5dc9744e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。