レトロ旅えひめ巡り
愛媛県のノスタルジーを求めての旅ガイド。近代化遺産の建造物や農漁村の原風景、いつかどこかで見た光景を紹介していきます。古いえひめを一緒に探してみませんか。
プロフィール

まくり王

Author:まくり王
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



訪問No.



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



天一神社の瓦製狛犬は、なぜコンクリート台座に鎮座しているのか。(菊間町)
“瓦の町”、今治市菊間町で瓦で作った狛犬を訪ねる旅--その第3弾。

それは菊間川上流の名勝・歌仙の滝に近い、菊間町川上297の天一神社にあった。
県道沿いに鳥居があり、それに続く参道は、うっそうとした木々に包まれている。
特に高さ25メートルもの大きなクスの木は樹齢300年以上、同市の天然記念物で地区のランドマークにもなっている。
石段をのぼりつめたところに、瓦で作った狛犬が貫録十分な姿で参拝者を見つめる。

  DSCF3705.jpg
↑これが瓦製狛犬。堂々たる姿。本殿に向かって右側は、口を開けた阿(あ)形。

  DSCF3706.jpg
↑左側は口を閉めた吽(うん)形。右の耳が欠けているのが痛々しい。

  DSCF3704.jpg
ここの狛犬で珍しいのが、台座がコンクリートでできていること。
台座は石造が普通で、瓦製狛犬では台座も瓦と言うのがあるが、コンクリート製は数少ない。
最初に見た時は、たまたま、コンクリートにしたのだろうと思っていた。

  DSCF3713.jpg
台座中央には、瓦製の花弁が埋め込まれ、洗い出し技法のコンクリート処理は実に見事。
腕のいい左官の仕事であることは間違いなかった。

--残念ながら銘がない。この狛犬は誰がいつ、奉納したのだろうか。
古老を中心に神社関係者に聞きまわってみた。

時代は移り変わり、もうほとんどの人が知らない。
あきらめかけた時、古老から驚きの情報をキャッチした。
それは、-狛犬が完成したのは「戦前のころか、戦後間もなくのころ」で、これを寄進したのは「この地区の出身で、新居浜で左官をしていた石畑さんという人。台座も石畑さんが作った。だから、洗い出しの見事な出来でしょう。狛犬は地元の菊間で作ったものと思うが、作者は分からない」-、という。

なるほど、左官屋さんの寄進だから台座も石ではなくコンクリートになっていたのか。コンクリート製にわけがあったのだ。
ただ、この左官をしていたという石畑さんはすでに故人で、地元に残る親戚の方は、狛犬寄進の件を誰も知らなかった。
今のところ、1人の古老の記憶だけが、狛犬の由来の手掛かり。この情報を裏付ける文献は見当たらないが、もし他に情報をお持ちの方があれば、ぜひご教示ください。

  DSCF3693.jpg
天一神社は県道のそば、土蔵のような建物に隠れるように、その鳥居がある。
鳥居の向こうに大きなクスの古木が繁る。

  DSCF3695.jpg
風情のある石段をのぼったところに、瓦製狛犬が見つめあっている。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村

愛媛県 ブログランキングへ
スポンサーサイト


コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2015/07/31 11:10] | # [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://makuriou.blog.fc2.com/tb.php/205-ce26028e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)