レトロ旅えひめ巡り
愛媛県のノスタルジーを求めての旅ガイド。近代化遺産の建造物や農漁村の原風景、いつかどこかで見た光景を紹介していきます。古いえひめを一緒に探してみませんか。
プロフィール

まくり王

Author:まくり王
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



訪問No.



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



ロマンにあふれる「白石の鼻」巨石群(松山市)
高さ7メートルもの巨石が、目の前の海に立つ。
松山市高浜6丁目にある「白石の鼻」巨石群のことだ。
自然の造形物か、それとも人工の古代遺跡か-謎がロマンを広げている。

  DSCF4120.jpg
巨石群のなかでも、シンボル的存在なのがこの巨石で、三ッ石とか白龍石と呼ばれる。三ッ石といっても、大きな岩が3つではなく、5つで巧みに構成されている。
まるでムーアの彫刻のように組み合わさっている。岩と岩の間は隙間があったりして、見事な芸術品。

  DSCF4106.jpg
見る角度によって、さまざまな表情を見せる三ッ石でもある。
この巨石、岩の中央部の隙間から、春分、秋分の前後数日間に夕陽が差し込むことが研究者によって解明された。これによってにわかにこの巨石群が古代の太陽観測装置ではないかと、古代遺跡説がクローズアップされるようになった。その後も人為的な造形物を裏付けるような研究が進んでいる。
ただ一方では、風化と波の浸食で、軟らかい砂岩が流れ、堅い花崗岩が残って積み重なった、という自然物説も依然根強い。

あまりにも大きな岩だから、それだけで神秘的。見ていたら、なにかを語りかけてくるような気がする。人工物か自然物か、この論争はロマンにあふれた話である。

  DSCF4107.jpg
巨石群というように、巨石は海上の三ッ石だけでなく、岸辺にもあり、これは亀石という。

  DSCF4124.jpg
写真では距離感が分かりにくいが、三ッ石は岸辺に建つ白石龍神社から、約40メートル沖にある。

白石の鼻は、松山観光港から運転免許センターへ行く途中の県道のカーブのところにある。右手の山側に駐車できる待避所があるが、カーブになっている県道の横断は危険で、特別の注意が必要。県道から下に降りる遊歩道が整備されており、海岸に降りることもできる。

なお、巨石群を調査研究している「松山・白石の鼻巨石群調査委員会」(仲矢文和代表)では、9月20日(日)に巨石群フェスティバルを開く。講演や研究発表、夕陽の観賞会、ミニライブなどがある。前売り2,000円。お問い合わせなどは、同委員会のホームページをご覧ください。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村

愛媛県 ブログランキングへ
スポンサーサイト


コメント
ご紹介有難うございます。
はじめまして!
松山・白石の鼻巨石群調査委員会で事務局をしております篠澤と申します。

白石の鼻巨石群のご紹介また、イベントのご紹介もいただき有難うございす。

観賞会は面白いので是非、お越しください。

篠澤 拝
[2015/08/25 00:01] URL | 篠澤邦彦 #z6XohUmo [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://makuriou.blog.fc2.com/tb.php/210-61c389e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)