レトロ旅えひめ巡り
愛媛県のノスタルジーを求めての旅ガイド。近代化遺産の建造物や農漁村の原風景、いつかどこかで見た光景を紹介していきます。古いえひめを一緒に探してみませんか。
プロフィール

まくり王

Author:まくり王
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



訪問No.



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100年余前の“和と洋”のすごい豪邸(旧五十崎町)
内子町平岡の香林寺の付近を歩いていたら、田んぼ越しに壮大なスケールの屋敷が見えてくる。
主屋の巨大な屋根が、冨と権威を誇るかのように、他を圧する迫力を持つ。
藩政時代の庄屋で、明治になっても豪農として栄えた「栗田家」の屋敷である。

 DSCF0039-001.jpg

敷地を囲った塀の中央部に薬医門があり、そこを入ると「間口80尺(約24・2メートル)、梁間40尺(12・1メートル)」と言われる巨大な主屋がある。明治27年(1894)に長州大工の手によって着工、完成したのは明治29年9月で、約2年9カ月がかりの建築である。木造桟瓦葺き入母屋造り2階建て。建物の規模からも想像されるだろうが、10畳敷きの部屋だけでも5つもあり、材にしても贅を尽くしたものを採用していると言われる(内部は非公開)。

  IMG_3908.jpg
  DSCF4187.jpg

主屋の右側にあるのが“白壁に漆喰、レンガを腰壁に使った“県下でも珍しい様式の蔵。なんと米千俵を収容するといい、これを「千俵蔵」と称している。窓にはひさしを設け、その屋根は瓦葺き、持ち送りに漆喰を塗っている。
レンガは明治維新の風とともに日本中に普及して行った。愛媛では明治20年代から建造物に使われ始め、30年代から建築に採用された。ここ内子(旧五十崎)の地に、いち早く洋風を取り入れたのが栗田家の建物でもあったのだ。

  DSCF0044.jpg

さらにすごいレンガ建築が、正面からは見えずらいが、主屋の裏側にある。
これを「宝蔵」とか、「道具蔵」という。
イギリス積み(長手の段と小口の段を交互に積み上げていく)の建築。レンガの色が鮮やか。

  DSCF0047-001.jpg
   (宝蔵の正面サイド)
  IMG_3907.jpg
   (宝蔵の左側と裏側)
レンガ積みの2つの蔵は、大正初期の建築と推定されている。
なお、栗田家の建物は外部からのみ見学可。内部非公開。

所在地:内子町(旧五十崎町)平岡1964

参考文献:「愛媛温故紀行」(えひめ地域政策研究センター)アトラス出版、「愛媛県の近代和風建築」(愛媛県教委)

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村

愛媛県 ブログランキングへ
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://makuriou.blog.fc2.com/tb.php/213-5a9dd968
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。