レトロ旅えひめ巡り
愛媛県のノスタルジーを求めての旅ガイド。近代化遺産の建造物や農漁村の原風景、いつかどこかで見た光景を紹介していきます。古いえひめを一緒に探してみませんか。
プロフィール

まくり王

Author:まくり王
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



訪問No.



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



南北朝時代の随身立像と、木造の狛犬が置かれている三島神社(東温市)
小さな神社ながらも、文化財の多いのが、東温市則之内乙の三島神社だ。
前回は国指定重要文化財の本殿を紹介したが、続いて、県指定の木造随身立像と市指定の木造狛犬の両文化財を紹介する。
650年余も前の貴重な品なのだが、そのどちらも、入り口の随身門内にあっていつでも見ることが出来る。

  DSCF0046-001.jpg
  (随身門の向かって右側)

  DSCF0047-002.jpg
  (向かって左側)


  DSCF0054.jpg
ガラス越しに陳列されている。ガラスがあるため、ボケてしまっているが、右側の随身像はこんな姿。
随身像といえば、弓矢と刀を携えて、座っている像が一般的と思うが、これは高さ約135センチの立像。
彩色されていて、動きも結構ある。「延文4年(1359)5月」の墨書銘があり、今から650年余前の南北朝時代の作と見られる。
変わっているのは、左右ともに吽形で、口を開いた阿形がいないこと。それに、随身像はほとんど正面を向いているが、この像は通路側に向き合っている。
全国各地にある随身像の中でも、特異な存在。研究に欠かせない貴重な立像といえる。

  DSCF0049.jpg
狛犬はいまでは、石造が当たり前だが、初期の狛犬は木造で、屋外でなく、屋内に鎮座するのが普通だった。
この狛犬には、身体に緑青が残っている。古い木造狛犬は、銀箔を施していたといわれているから、この狛犬も銀箔があったのかもしれない(ただ、塗りは江戸末期に行われたもので、最初は木地の狛犬だったようだ)。
制作年代は、不明ながら、材質や作風から随身像とほぼ同じころ(南北朝時代)で、同一人物の制作ではないかと見られる。愛媛県下の木造狛犬では、伊予豆比古命神社や伊佐爾波神社のものが著名だが、これらは室町期のものだから、この三島神社の狛犬はひよっとしたら、県下最古の木造狛犬かもしれない。前足の力強さといい、実に見事な出来栄えの作品だ。

  DSCF0060.jpg
随身像と木造狛犬がある随身門。昔は茅葺だったが、今は銅板葺きになっている。

  DSCF0042.jpg
おおっ、これは!。ここの随身門にはガラス張りの部屋の隣に、もう一体、相当に古びて傷みが目立つ随身像がひっそり安置されているではないか。
この像はいったいなんだ?。歴史のある神社には、ミステリアスな雰囲気もある。

参考文献:「東温市の文化財」(東温市教育委員会)
 
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村

愛媛県 ブログランキングへ
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://makuriou.blog.fc2.com/tb.php/217-bf29946c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)