レトロ旅えひめ巡り
愛媛県のノスタルジーを求めての旅ガイド。近代化遺産の建造物や農漁村の原風景、いつかどこかで見た光景を紹介していきます。古いえひめを一緒に探してみませんか。
プロフィール

まくり王

Author:まくり王
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



訪問No.



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転車台と扇形機関庫のある風景(宇和島)
ふるさと・宇和島で、子供のころから気になっていた場所がある。
国鉄(現・JR)宇和島駅の近くにある機関区(現・運転区)だ。
特段、鉄道ファンというわけではないが、なんといっても大きな転車台が動くシーンには、心躍ったものだ。
宇和島を離れて半世紀。両親の墓が、駅近くの龍光院にある関係で、年に数回は機関区そばの踏切を通るのだが、これまで機関区内に入ったことは一度もなかった。
そんなとき、鉄道の日の記念行事で、機関区を公開するという。当日は西条祭りを見に行く予定にしていたが、なぜだか急に心惹かれて、松山から転車台を見に行くことにした。

  DSCF0162.jpg
これが転車台。向こうに見えるのが四国で唯一現存している扇形機関庫。


  DSCF0201.jpg
扇形機関庫は昭和16年(1941)の建造。庫内には4線が引き込まれ、予讃線と予土線で使われている車両が留置される。ここで、仕業検査や保守作業をすることが出来る。

  DSCF0203-001.jpg
内部は殺風景。古いレールを使用した鉄骨造り。レールのなかには「1896」の銘が入ったモノもあるようだが、今回の公開は機関庫内部が立ち入り禁止になっていて、残念ながら銘は確認できなかった。

  DSCF0189.jpg
気動車が転車台に乗る。結構重そうだが、軽々と動いて、回転して行く。
昭和12年(1937)の建造というから、78年前のモノだが今も現役、パワーに衰えなしの元気ぶり。


  DSCF0113.jpg
ここが宇和島運転区の入り口。「安全第一」と書かれたレトロなゲートをくぐって行く。
まずはここで気を引き締めて業務に取り組むということか。

  DSCF0117.jpg
入り口付近にあるコンクリート製の給水塔。
昭和16年(1941)の建造で、SL時代に活躍したという。

遠くで見ていた宇和島機関区を間近で見ることの出来た「鉄道の日ふれあい祭り」だった。多くの親子連れで結構にぎわっていた。子供たちは、ミニ列車に乗ったり、アンパンマン列車を見たりで、とても楽しそう。その一方で、古い転車台や機関庫にはあまり関心がない感じ。貴重な近代化遺産として記憶の片隅に残しておいて欲しい、ちょっぴりそう思った。

参考文献:週刊JR全駅・全車両基地NO.58(朝日新聞出版)、愛媛温故紀行(財・えひめ地域政策研究センター)

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村

愛媛県 ブログランキングへ
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://makuriou.blog.fc2.com/tb.php/218-68cc13b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。