レトロ旅えひめ巡り
愛媛県のノスタルジーを求めての旅ガイド。近代化遺産の建造物や農漁村の原風景、いつかどこかで見た光景を紹介していきます。古いえひめを一緒に探してみませんか。
プロフィール

まくり王

Author:まくり王
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



訪問No.



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「奇跡」! 旧濱田医院の建物が蘇った。(松山市三津浜)
古民家の残る町として知られる松山市三津浜。ここで異彩を放っていたのが、旧濱田医院の洋風の建物。
しかし、10年以上も無人のまま放置され、屋根の一部は壊れ、窓ガラスも割れたままの廃墟となっていた。倒壊の恐れもあって、一部では解体を望む声も上がっていた。
私も、、当ブログで「存続は風前のともしび」(2013年4月)として、今見ておかないともう見ることは出来なくなるだろうと、書いた。屋根の修理だけでも、膨大な費用がかかる。所有者にしても、また例え行政に委ねたとしても、補修に二の足を踏むことは容易に想像でき、朽ち果て、その後の解体しか、もはや方策はないと思えた。
ところが、この建物が、私に言わせれば、まさに“奇跡的”に蘇ったのだ。
見てください、これが再生された大正時代の医院の建物-。

  DSCF0253.jpg

<濱田医院は内科・産婦人科医の濱田徳次郎氏が建てた。建築年は大正12年(1923)から大正15年と見られている。昭和47年(1972)まで開業されていた。>

↓2013年4月1日撮影時=屋根や窓など傷みが激しく、倒壊も懸念されていた。
  IMG_2784.jpg

“奇跡”を起こしたのは、松山市の委託を受けて古民家などの再生に取り組んでいる「コトラボ合同会社」(横浜市)。所有者の協力を得て昨年11月から原型を生かしながら改修作業を続けている。まだ内部のすべての部屋の改装は終わっていないが、まず第一弾として入り口左側の“診察室”を改装、ハンドメイドのアクセサリーなどを販売する雑貨店として、11月29日にオープンさせた。

これまでは、外観しか見学できなかったが、今回の再生で初めて内部を見ることが出来た。
正面は洋館造りだが、裏から見れば完全な和風。凝った作りが各所に見られ、大正期の医院や院長の住居生活の一端がうかがえて、とても貴重な建物と思われる。

↓入り口入ると、受付がある。今もどこかのクリニックで見るモノとほぼ同じ雰囲気だ。
  DSCF0234.jpg

↓洋風のここは待合室だろうか。  
  DSCF0228.jpg
 
↓2階にある和室。2階は入院患者用といわれるが、院長が使った部屋ではないだろうか。
  DSCF0225.jpg

↓この医院の敷地は約400平方メートル。なんと、ここには中庭があった。入院患者やドクターらが心をいやしたのだろう。
  DSCF0236.jpg

↓外観は洋風なのに、中庭から見ると完全な和風住宅。院長の住居スペースのようだ。
  DSCF0238.jpg

↓各所に、丁寧な仕事が見られる。書院障子のデザインが面白い。
  DSCF0245.jpg
    DSCF0246.jpg

まちおこしの拠点ともなるこの施設。今後も改装を急ぎ、1-2階に7部屋を確保して、物販や工房、事務所などに利用してもらう。料金は月額3万円前後、広さによって違うが、安いスペースは1万8千円ぐらいを予定している。今のところ、オープンした雑貨店の営業は土日のみで、午前10時から午後5時まで。各種お問い合わせは、コトラボ三津浜オフィス(089-951-0010)。
なお、三津浜の人々へのインタビュー集「三津浜マレビト事典」発行記念展覧会が、12月5,12,13日午前11時から午後4時まで(13日は午後3時まで)、この旧濱田医院で開催される。入場無料。

所在地:松山市住吉2丁目2-20。国道437号の正覚寺や、すみよし接骨院のある押しボタン式信号交差点を北進して最初の角を西進約30メートルのところ。駐車場はない。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村

愛媛県 ブログランキングへ
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://makuriou.blog.fc2.com/tb.php/219-6b0e3639
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。