レトロ旅えひめ巡り
愛媛県のノスタルジーを求めての旅ガイド。近代化遺産の建造物や農漁村の原風景、いつかどこかで見た光景を紹介していきます。古いえひめを一緒に探してみませんか。
プロフィール

まくり王

Author:まくり王
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



訪問No.



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木造3階建ての迫力と美
木造の3階建て。それだけで、風雅を感じる。
ここは八幡浜市北浜の元旅館「竹家(たけのや)」。
今も、街角にたたずみ、往時のロマンを語りかける。


   IMG_3769.jpg
          (思わず、“いいね”と言いたくなる木造3階建ての元旅館「竹家」)

 八幡浜市役所の近く、広い通りから道1本隔てたところにある。威風堂々としているが、周りの建物とは異質の存在で、ちょっと浮き上がっているようにも見える。周囲を見渡しても、これといって景色のいいところはない。この3階部分からお客はどんな景色を見たのか。なぜ、この地に建てた?ー疑問に思っていたら、当初の場所から移築して昭和20年ごろからここにあるのだそうだ。

 最初に建ったのは昭和初期。八幡浜港の別府航路の乗り場そば。3階から見れば、出船入船の展望のいい、潮の香漂う格好の場所だったろう。当時の八幡浜は、後背地に西宇和の機業を持ち、「伊予の大阪」といわれるほどの一大商業地で、人・モノの往来でにぎわっていた。そんな港にこんな立派な旅館があれば、大繁盛したことだろう。

 八幡浜では今でも、各所に木造3階建ての建物が残っている。木造3階建てが多いのは、八幡浜の特殊性による。同地は平地が少なく、海を埋め立てて発展した町だから、垂直に伸ばしていくしかなかったという事情があったという。それでも、多額の金がかかるのにあえて3階建てを選択したことは、それだけの財力が八幡浜にはあったということ。往時の八幡浜の繁栄を、木造3階建てが物語っている。

 戦災を免れた八幡浜。中心地を歩いていれば、突然3階建てに出会うこともあるし、「擬洋風」や「看板建築」という大正から昭和初期にかけての建物も数多く残っている。ゆっくり町並み探訪してみるのも面白い。
(写真撮影:平成25年4月16日)

交通ガイド:所在地・八幡浜市北浜1丁目6-17

参考文献:愛媛温故紀行(えひめ地域政策研究センター、アトラス出版)

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://makuriou.blog.fc2.com/tb.php/22-70570891
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。