レトロ旅えひめ巡り
愛媛県のノスタルジーを求めての旅ガイド。近代化遺産の建造物や農漁村の原風景、いつかどこかで見た光景を紹介していきます。古いえひめを一緒に探してみませんか。
プロフィール

まくり王

Author:まくり王
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



訪問No.



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



【瓦灯篭】菊間以外の瓦産地に瓦灯篭はあるのだろうか。
瓦でつくった灯篭--、
今治市菊間町で瓦灯篭を見て回った。
瓦の産地は全国に数多くある。では、全国にはどんな瓦灯篭があるのだろうか。
主要産地の瓦製造組合など、関係者に電話取材を試みた。
その結果浮かび上がったのは、菊間の瓦灯篭が実に貴重な存在ということだった。

【4】菊間以外の地で、瓦灯篭を探してみた。
瓦は昔、日本各地で製造されていた。それが輸送手段が良くなるにつれ、良質な粘土を持ち、さらに技術力のあるところが産地を形成するようになった。瀬戸内の菊間は海運に恵まれた立地で、銀色のいぶし瓦の光沢の美しさと、鬼瓦の細かな細工が特色の産地だが、全国的にみると、瓦産地は年々減少し、今では20数か所に減っている。そのうち全生産量の80%以上が3大産地といわれる地区で作られ、寡占化が進んでいるのが現状だ。

3大産地とは、
1、愛知県(高浜市・碧南市・半田市など)三州瓦=生産量は全国一で、洋風瓦にも強い。
2、島根県(江津市・太田市・浜田市など)石州瓦=焼成温度が高く、寒冷地や塩害に強い。
3、兵庫県(淡路島)淡路瓦=渋いいぶし瓦が主体。

  DSCF0259.jpg
これら3大産地に瓦灯篭はあるのだろうか。(ここで私が瓦灯篭というのは、今回の企画の初回に述べている通り、「石灯篭と同形式の屋外の固定式のもので、高さ1メートル程度以上のもの」。従って、瓦製の筒状のものや火袋だけのものも、一般に瓦灯篭とは称するが、それは除外する。)

まず、三州瓦。その中心地の高浜市には、「やきものの里 かわら美術館」が平成7年に開館している。瓦をテーマにした日本随一の美術館。そこで三州に瓦灯篭があるかどうかを尋ねてみた。「瓦の灯篭? 三州では聞いていない。三州にはないと思われる。ただ、明治時代に三州から宮城県角田市に移住した職人が、大きな瓦灯篭を作り、それがいまも現地に残っている」-という。<この東北の瓦灯篭は、円柱状で、工芸品としても見事な出来栄えの作品。次回詳しく紹介したい>

次いで、石州瓦。その工業組合は「石灯籠のような瓦の灯篭は聞いたことがない」。
また、淡路瓦工業組合でも「淡路は屋根瓦のみで、瓦灯篭は聞いたこともない」という。
どうやら3大産地には瓦灯篭がないようである。

   (今治市菊間町の荒神社にある瓦灯篭)  
  DSCF3543.jpg

では他の瓦産地には、ないのだろうか。
改めて菊間町窯業協同組合に瓦灯篭について聞いてみた。
「京都の業者から、天保年間には瓦の産地で瓦灯篭が作られていたと聞いたことがある」という。
では、京都付近で聞いてみた。

☆京都府総合資料館に問合せした。その答えは「屋根瓦のほか、瓦の様々な使途を書いた本にも灯篭の記述はどこにもない。さらに京の古瓦の発掘現場でも灯篭らしきものの出土例はない」
☆京瓦で有名な浅田製瓦工場では「手元に、瓦製灯篭の火袋の部分のみがあるが、産地や年代はわからない。瓦灯篭はあったかもしれないが、現存しているものがあるかどうかはわからない。寒さで壊れたかもしれない」
☆若狭瓦の産地、福井県小浜市に瓦灯篭があるとのブログ(「若狭坊のまちづくり日記」)があった。同市教育委員会に、瓦灯篭について問い合わせした。「興禅寺(小浜市相生)の墓地に宝暦11年(1761)の瓦の灯篭がある。もうその頃に瓦の製造が始まっていたことのわかる貴重なものだが、これは一般的な石灯篭のような形態ではない」。確かに、写真で見ると、この灯篭は、高さ40センチ程度の火袋が主体のもので、石灯籠とは様式を異にする。

  (菊間町のかわら館に展示されている金刀比羅神社の灯篭=航海灯)
  DSCF3598.jpg
他にも何か所か各地の瓦業界関係者や、文化財関係者に瓦灯篭のことを聞いてみたが、石灯篭の瓦バージョンがあること自体が初耳という方が多く、結局、東北に残る瓦灯篭の他には、所在の情報を得ることができなかった。
そうなると、全国的に、瓦の灯篭は実に珍しいものと言っていいのではないだろうか。
なぜ、他の産地に瓦灯篭がないのか。思うに、灯篭なら石で造った方が、長持ちする。また瓦で細工物を作るのは技術や手間が多くかかることもあって、あえて瓦で灯篭を作らない産地が多かったのだろう。江戸期にあったとしてもその当時の瓦は寒さに弱く、壊れて今に残っていないことも十分考えられる。

それなのに菊間に瓦灯篭が残り、今もその制作技術が残っているのは、2つの理由が考えられる。
ひとつは菊間が鬼瓦の産地でもあり、”鬼師”がいて、細工物が得意だったこと。もうひとつは菊間には、荒神信仰や金刀比羅信仰があり、これが瓦に対する愛着と混ざり合って、瓦灯篭を作る発想の基盤になったと思う。業界の繁栄を祈願し、瓦の町のシンボルにしたり、神社に寄進したりした。

  (中四国唯一の瓦資料館「かわら館」)
  DSCF3416.jpg
「かわら館」(今治市菊間町浜3067)は、菊間瓦の歴史と伝統を紹介、瓦粘土の体験もできる。入館料大人200円。午前9時から午後5時まで。月曜休館。

*取材にご協力いただいた各地の瓦製造組合、文化財関係者、社寺、「かわら館」、「かわら美術館」の方々に厚くお礼申し上げます。
*他に瓦灯篭の所在情報をご存知の方がありましたら、ご教示ください。情報を追加記載させていただきます。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村

愛媛県 ブログランキングへ
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://makuriou.blog.fc2.com/tb.php/224-a74eed48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)