レトロ旅えひめ巡り
愛媛県のノスタルジーを求めての旅ガイド。近代化遺産の建造物や農漁村の原風景、いつかどこかで見た光景を紹介していきます。古いえひめを一緒に探してみませんか。
プロフィール

まくり王

Author:まくり王
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



訪問No.



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道後アート2015は、今月末で終了。今見ておかないと-。
道後温泉本館を艶やかな色彩で彩った「道後アート2015」が、今月(2月)末で終了する。

今見て、記録していないと、再び見ることができない。あと数日、急ぎ見ておきませんか。

  DSCF0305.jpg
   (道後温泉本館のエントランスにはカラフルな陣幕が出迎える)

国の重要文化財の本館を、写真家・蜷川実花さんのあの色彩で包もうというアート企画だ。

  DSCF0285.jpg
   (本館の2,3階の窓は蜷川実花さんの写真で飾られた。夜には巨大なアートとなって魅了する。)

今思えば、保守王国の愛媛で、よくぞこの企画が実現できたと感心する。

なにしろ、120年余前の重厚でクラシカルな建物に思い切り、色彩を加えようというのだから。
落ち着いた道後温泉の雰囲気を害すると、反対する人もいたと思うのだが-。
このイベントが実現できたことは、保守気質の愛媛にも変化が出ていることの裏付けだろう。

  DSCF0299.jpg
   (道後商店街の入り口を飾る提灯ゲート)

   DSCF0295.jpg
   (椿の湯にも、色鮮やかな大きなのれん)

このほか、伊予鉄電車の車体にも、蜷川アートが描かれている。
若い女性を中心に観光客の呼び込み図ろうとの狙いは、大成功のようだ。
道後温泉は伝統の中に、大胆に新しいものを投入した。さらに、
平成28年度は「道後アート2016」として、メーンアーティストに画家の山口晃さんを迎えて、開かれる。
今度は、どんなアートになるか楽しみだ。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村

愛媛県 ブログランキングへ
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://makuriou.blog.fc2.com/tb.php/226-39005447
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。