レトロ旅えひめ巡り
愛媛県のノスタルジーを求めての旅ガイド。近代化遺産の建造物や農漁村の原風景、いつかどこかで見た光景を紹介していきます。古いえひめを一緒に探してみませんか。
プロフィール

まくり王

Author:まくり王
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



訪問No.



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋根付き「田丸橋」 2016年春、点描
農村の風景の中に、溶け込むような屋根付き橋が愛媛にはある。
その代表格が、内子町河内の田丸橋だ。
春とはいえ、桜の開花にはまだ早い時期だが、現地を訪れてみた。

  DSCF0315.jpg
菜の花が春の訪れを告げ、
よく見ると、付近にはツクシがにょきにょきと顔を出している。

  DSCF0310.jpg
県道のバス停・下河内(しもかわのうち)から、麓川方向へ。農道の向こうに屋根付きの橋が見える。
田丸橋といい、内子町の有形文化財で、土木学会選奨土木遺産になっている。
全長14メートル、幅2メートル。木造の杉皮葺き。

  DSCF0313.jpg
もともとあった土橋が、昭和18年の水害で、流されたため、翌年この屋根付き橋にかけ替えられた。橋桁には方杖式を取り入れ、水害にも強い構造にしている。

  DSCF0324.jpg
田丸橋から奥に向かう畑では、農作業が徐々に本格化しようとしていた。

今は、土の道さえ珍しくなってきたように思う。
足に土の感触を感じながら進めば、そこに木造の屋根付き橋がある。
いい景観だ。平日だったが、カメラを持つ人が、ポツリポツリと訪れる。
個人的には、集団の観光客が来ない、そんな落ち着いたスポットであり続けて欲しい。

交通ガイド:松山方面からなら国道56号の内子・田中橋交差点(道の駅「からり」の手前約500メートル)を右折し、県道243号を道なりに約5キロ進む。バス停「下河内」付近に駐車スペースがある。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村

愛媛県 ブログランキングへ
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://makuriou.blog.fc2.com/tb.php/229-5c017435
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。