レトロ旅えひめ巡り
愛媛県のノスタルジーを求めての旅ガイド。近代化遺産の建造物や農漁村の原風景、いつかどこかで見た光景を紹介していきます。古いえひめを一緒に探してみませんか。
プロフィール

まくり王

Author:まくり王
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



訪問No.



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



西山興隆寺 仁王門の彫刻(2)新しい作風の登場
長州大工とは、山口県の周防大島から、愛媛、高知へ出稼ぎに行き、主に寺社建築に腕を振るった大工だ。
江戸期から大正期まで、彼らの活動は200年余も続いた。もし彼らがいなかったら、山間部の寺社はおそらく貧弱な、寂しいものになっていたであろう。
この愛媛での長州大工の最高峰にいたのが、門井友祐(かどい・ともすけ)という人物。
前回にも紹介したように、西条市丹原町の西山興隆寺の仁王門には、友祐が愛媛に残した最高ランクの彫刻を施している。
30年余の愛媛での技の冴えが凝縮されている。透かし彫りの技術はどんどん進み、デザイン的にも初期とは雰囲気の違う作風も出ている。
特に、現代的な美しさを見せるのが、この作品だ。

  DSCF1050.jpg
鶴が舞う。このデザインいい。

また、気になるのがこの天女を描いた作品。豊満な顔立ちが大きな特徴だが、友祐の作品では見かけない作風。
歳月とともに、作風が変わっていったのかと不審に思っていたら、ある本(注1)で、この仁王門の彫刻は、兄の宗吉の三男・耕雲との合作との記述に出会った。
そして、「銘が見つかっていないので断定はできないが」、この天女などが耕雲の作だと感じられると、本の筆者の川口智氏が書いている。これを読んで、意を強くした。全く同感だ。この天女は友祐ではなく、その後、仏師として活躍する耕雲の作ではないだろうか。どの芸術家もだが、作風が途中からガラッとは変わらないものだ。

   DSCF1074.jpg

蓮華を捧げ持つ天女。独特の雰囲気を持ち、引き込まれる魅力がある。


(注1)「長州大工が遺した社寺建築」(犬伏武彦、川口智、花岡直樹、宮本光、山本茂槇)愛媛文化双書刊行会 

 にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村

愛媛県 ブログランキングへ
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://makuriou.blog.fc2.com/tb.php/244-362ee150
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)