レトロ旅えひめ巡り
愛媛県のノスタルジーを求めての旅ガイド。近代化遺産の建造物や農漁村の原風景、いつかどこかで見た光景を紹介していきます。古いえひめを一緒に探してみませんか。
プロフィール

まくり王

Author:まくり王
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



訪問No.



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



自動車タイヤの空気入れは有料?
最近はセルフのガソリンスタンドばかり利用している。

昔は、スタンドに行くと「オイル点検をしておきましょうか」、「空気圧みておきます」と、”うるさい”ほどいわれたものだ。
そういう煩わしさもあり、かつ値段が安いことで、いつしか気楽なセルフを利用するようになっていった。

先日、どうも前輪の空気圧がおかしい。
所用で今治に行っての帰途のこと。
万が一にも、バーストでもしたら大変。空気圧を点検しなければ、いけないのだが、恥ずかしながら、小生、自力で空気を入れることができない。
有人のスタンドを探すこととした。セルフはあるのだが、なかなか人のいるGSが見つからない。

何とか見つけて、「レギュラー満タン、すみませんが、空気圧を見てくれませんか」と。
店の人は「空気入れは有料なんですが、いいですか」。

おおー、今はそういう時代になっているのか-。

こちらは、命がかかっているから、お金のことなど言っていられない。
いくらなのかと思ったら、精算時に400円を請求された。

今は、どこの有人スタンドも、有料なのだろうか。
以前松山ではM産業経営の日石のスタンドを利用していたが、あの当時の丁寧な無料のサービスは今どうなっている?。


高速でのパンクや整備不良故障が多いのは、セルフスタンドの拡大が一因との分析もある。
セルフの安さばかりを追うのは考えものだ。有人スタンドで、昔のような点検サービスをしてくれるところがあれば、セルフと有人を交互に利用するのが望ましいように思う。
事故や故障につながっていくだけに、多少のお金には代えられない。

空気圧点検を有料化するのは、それだけコストがかかるのだから当然との意見もあろう。
有料が嫌なら、自力でやればいいこと、とも言われそう。

人手不足や人件費の高騰で、少しでもコストを削減したい経営者の気持ちもわからぬではない。

だが、逆にそういう風潮が強くなればなるほど、無料のサービスをするところが脚光を浴びる気がする。
「サービス」というものの価値を改めて考える時代になっている。

 にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村

愛媛県 ブログランキングへ


スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://makuriou.blog.fc2.com/tb.php/251-92f2b293
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)