レトロ旅えひめ巡り
愛媛県のノスタルジーを求めての旅ガイド。近代化遺産の建造物や農漁村の原風景、いつかどこかで見た光景を紹介していきます。古いえひめを一緒に探してみませんか。
プロフィール

まくり王

Author:まくり王
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



訪問No.



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



重厚な洋風建築。横から見たら“アッ!”
映画のセットは、その裏舞台を見てはいけない。
折角の第一印象の素敵なイメージが帳消しになってしまうからだ。
ここは八幡浜市の向灘(むかいなだ)郵便局の元の建物。
重厚で威厳さえ漂わす見事な鉄筋コンクリート造りの洋風建築に見える。
だけど、驚くなかれ、この建物はまるで映画のセットのよう。
洋風なのは正面と左側面の、通りに面した外壁だけなのだ。

    
IMG_3777.jpg

 それも木造。中身は純和風建築。右側面を写せば、この立派な建物のちょっと“恥ずかしい”ような、アッと驚く姿がはっきりわかるのだが、写真で暴露するのは忍びない。
その葛藤でシャッターを切ったのが、下のカット。
右側面を少しだけ写すことにした。たっぷり写してはいけない気がしたからだ。
「外壁だけ」の奇妙な建物の姿がおわかりいただけるだろうか。気になる方は、ぜひ現地で実物をご覧いただきたい。

                IMG_3775.jpg
 昭和7年(1932)4月に竣工、開局した。木造2階建てなのだが、コンクリート洗い出し仕上げで、鉄筋コンクリート造りに見せているのだから、見事な技術といえよう。当時の大工左官の腕の確かさがわかる。正面玄関には、両側に方柱を建て、頂部はアーチのデザイン。そのアーチ内部には、郵便局のマークとアカンサス(キツネノマゴ科の大形多年草。葉のギザギザのとげが特徴)の葉を浮き彫りにしている。そのメダリオン(浮彫彫刻)を見れば、この建物が元は郵便局として使われたことを誇らしげに示しているようだ。

 新しい向灘郵便局が約20メートル離れた場所に建築されたため、ここは昭和61年(1986)3月末で、郵便業務を終え、今は一般民家として使われている。

交通ガイド:八幡浜市役所のすぐ近く。向灘郵便局を目標に行けばこの建物と出会える。

写真撮影:平成25年4月16日
参考文献:「愛媛温故紀行」えひめ地域政策研究センター、アトラス出版
 にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村

愛媛県 ブログランキングへ
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://makuriou.blog.fc2.com/tb.php/33-235034eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)