レトロ旅えひめ巡り
愛媛県のノスタルジーを求めての旅ガイド。近代化遺産の建造物や農漁村の原風景、いつかどこかで見た光景を紹介していきます。古いえひめを一緒に探してみませんか。
プロフィール

まくり王

Author:まくり王
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



訪問No.



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松山にもある昭和初期のコンクリートアーチ橋
松山市にも古いコンクリート・アーチ橋が残っている。
昭和5年(1930)7月完成の宿野々橋(しゅくののはし)。
奥道後の上流、石手川の渓谷にひっそりとたたずむ。開腹上路式では、愛媛で5番目の古さ。

DSCF1229.jpg

アーチの支柱にもアーチを配置、細かなところにも気を配ったデザインが美しい。
長さ25・4メートル、幅員4・5メートル。この橋の下流に湧ヶ淵がある。
DSCF1238.jpg

親柱にも「宿野々橋」「昭和5年7月架設」がはっきり残っている。
山里に立派すぎるぐらいの橋と思えるが、石手川ダムができるまでは、この道が日浦地区に行くメインルートとなっていて、交通の要衝だったそうだ。
DSCF1225.jpg
DSCF1226.jpg

今、この道はダムのところで行き止まりになってしまう。川向うの宿野町の10数戸が生活道として使うのが中心で、寂しくなっている。
DSCF1239.jpg

交通ガイド:所在地は松山市宿野町。松山市から今治に向かう山間ルートの国道317号を走る。奥道後ホテルから、さらに約200メートル走り、湧ヶ淵トンネルの手前を右側の旧道へ入る。約100メートルで石手川に架かる宿野々橋に出会える。石手川ダムへドライブする時、時間があるようなら、この旧道経由で行くことをお勧めする。
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村

愛媛県 ブログランキングへ
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://makuriou.blog.fc2.com/tb.php/67-4b006187
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。