レトロ旅えひめ巡り
愛媛県のノスタルジーを求めての旅ガイド。近代化遺産の建造物や農漁村の原風景、いつかどこかで見た光景を紹介していきます。古いえひめを一緒に探してみませんか。
プロフィール

まくり王

Author:まくり王
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



訪問No.



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



予告/2月中旬から/「千島艦事件の光と陰」掲載
温泉巡りに行けなくなっています。というのも、一つの石碑を見てから、文献の確認や取材などに時間をすっかり取られているからです。
石碑とは、松山市堀江町の浄福寺境内にある「千島艦遭難碑」です。
この事故のことを知っていますか?。
明治25年11月、松山市・釣島水道で日本海軍の水雷砲艦「千島」と英国の商船が衝突。千島の乗組員90人のうち、74人が殉職した大惨事です。
明治という時代を背景に、事故に絡み合う人々には、自殺など悲しい物語があちこちにみられるのです。
また、正岡子規が新聞記者としての初仕事となったのが、郷土で起こったこの事件というのも、不思議な因縁を感じさせます。遭難碑のそばに、この事故を詠んだ子規の句碑も建っています。
愛媛に絡む事故でありながら、人々の記憶から消えようとしています。
単なる遭難哀悼だけでなく、国際問題に発展する事件の碑。改めてスポットを当てたいと思う。

この事件の光と陰を4-5回に分けて2月中旬から掲載予定です。
(2月中旬になるのは、碑の前の椿がもうすぐ開花しそうで、開花を待って写真を撮りたいと思うからです。)
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://makuriou.blog.fc2.com/tb.php/7-46b6eafa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)