レトロ旅えひめ巡り
愛媛県のノスタルジーを求めての旅ガイド。近代化遺産の建造物や農漁村の原風景、いつかどこかで見た光景を紹介していきます。古いえひめを一緒に探してみませんか。
プロフィール

まくり王

Author:まくり王
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



訪問No.



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



★見た! これが湯山第2発電所だ!。
松山の奥道後から石手川ダムに向かう途中の道に、薄汚れたレンガや石垣の壁面が残っている奇妙な場所がある。
いったい、こんなところに昔、何があったのだろう。(下・写真)
   DSCF1769.jpg
(ホテル奥道後から国道317号を今治方面に1・4キロ行った地点の左側。石垣とレンガの門柱のようなものが見える。これが、謎の施設の入り口)

気になっていた人もいると思うが、車では交通量が多く止まって確認することもできない。
昨年12月に、思い切ってココを歩いて調べに行ってみた。
車を避けながら、現場に行き、壁面の向こう側に何があるのかをのぞいてみた。おそらく何もない、そう思っていた。
ところが、この壁面のすぐ裏には、なんとレンガ造りの大きな水槽のような施設がそっくり残っていたのだ。
その下側には直径80センチほどの丸い穴の開いている施設だ。(下・写真)
  DSCF1750.jpg
       (道路からは見えないが、道路のすぐ隣にまさかこんなモノが隠れているとはー。)
それを見て、最初は農業の水利関係の施設かなと思った。年が明けてから、現地の公民館などで情報を集めようと考えていたのだが、新年に、ケイボンさん(大成経凡さん)の本を読んでいたら、そのなかに「石手川の上流に発電所の遺構がある」と書かれていた。それで、やっと気がついた。
これこそ、ケイボンさんの本や近代化遺産の調査報告書で存在が報告されていた湯山第2発電所の遺構ではないか。
それなら、この水槽の下をたどれば、発電所の建屋があるはず。

1月下旬に再度、現地に行き、足を滑らせながら斜面を下って行ってみた。
すると、水槽の穴のところから下に向かって、水圧鉄管を支えていただろう支台の跡が数メートルおきの間隔でそのまま斜面に残っていた。(下・写真)
  DSCF1647.jpg
  (水圧鉄管を支えていただろう支台が今も、山の斜面に整然と残っている。支台には、コンクリート製やレンガで組んだ台をコンクリートで覆ったものの2種類があるようだ)
これは発電施設に間違いない。水槽は上部水槽といい、ここへ河川から取水堰-導水路を経て運ばれてきた水が集められ、一気に水圧鉄管を下り建屋内の水車を回し、発電機で発電するのが水力発電の基本的仕組みだ。

その支台跡をたどってさらに下へ。20-30メートル行く。竹藪や蔦が邪魔をする。地面の方ばかり見ていたら、目の前にレンガのアーチが見えた。アーチの部分に見とれていて、何気なく視線を上げていったら、何か壁面がボーと見え、左右にずっとひろがっているではないか。おお、ここにあるのは探し求めていたレンガ造りの建屋だ。これは結構、感動ものだった。
DSCF1660-001.jpg

雑木や竹藪の茂みの中に、今から103年前の明治44年(1911)8月に竣工した「湯山第2発電所」の建屋が眠っていたのだ。近代化遺産調査の本に1枚だけ掲載されていた写真と同じものがここにあった。
廃止になったのが昭和32年(1957)だから、ざっと57年も誰にも見守られることなく寂しく風雨に耐えてきた施設だ。(下写真が建屋全景)

   DSCF1675.jpg
   (正面の入り口=写真右側の空間=は川側にある。間口は約2メートルあるが、扉はなくなっている)

建屋の広さは前面が12メートル、奥行きが13メートルぐらい。屋根はなくなっている。入り口の戸や窓もすべてなくなっているが、レンガの壁面は頑丈で、ほとんど痛んでいない。明治の職人が、いかにしっかりした仕事をしていたかが分かる。
   DSCF1706.jpg
   (側面の入り口にあるひさしは、今にも崩れそう。木が入り口から室内に向けてどんどん成長し、歳月の長さを感じさせる。)

下の2枚の写真は、建屋内を写したもの。室内に床はなく、入るためには約1メートル下の地面に降りなければならない。水車や発電機があったはずの建屋内には、雑木やシダ類などが生い茂り、徐々に自然に還りつつある。

DSCF1712-001.jpg

DSCF1713.jpg
対岸に道が見えたので、対岸からこの施設がどう見えるのかも調べてみた。が、対岸も木が視界を邪魔し、冬場でも雑木の茂みの中に埋もれ、レンガが保護色のようになって建屋を確認するのは難しい。これが、新緑の季節にもなると、さらに緑によって覆い尽くされ、姿を見ることはできそうにない。

雑木に埋もれる施設。このまま、この発電所のことは人々の記憶からも消えていくのだろうか。

この、松山市湯山地区は、四国の水力発電発祥の地といわれる。四国で最初の水力発電所は、明治36年(1903)1月竣工の湯山第1発電所(奥道後ホテルのジャングル風呂の下流、出力260KW)だった。これは伊予鉄道系列の伊予水力電気がつくった。それから8年後の明治44年(1911)8月竣工したのが、今回紹介した湯山第2発電所。これは伊予鉄道のライバル会社・松山電気軌道系列の松山電気興業がつくった。出力は537KW。
さらにこの上流に、湯山第3発電所がある。大正12年(1923)7月に伊予鉄道電気の手で完成(500KW)したが、昭和32年(1957)9月に、新しく湯山発電所(奥道後ホテルの下流、出力3,400KW)が完成したのと同時に、明治から大正期にできた第1、第2、第3の3つの発電所はすべて廃止された。


参考文献:「今治発!ケイボンがゆく」(大成経凡、創風社出版)、「愛媛県の近代化遺産」(県県民環境部)、「伊予鉄道百年史」(伊予鉄道株式会社)
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村

愛媛県 ブログランキングへ
スポンサーサイト


コメント
はじめまして
いつも、興味深い記事を書かれていて、読まさせていただいております。
私のブログにも見ていただきまして、ありがとうございますv-436

実は、お知らせがあるのですが
友人の大成経凡さんが愛媛出版文化賞奨励賞を受賞したということで
仲間内で、記念講演会を行うことにしました。
詳しいことは、決定次第、ブログにアップしますが
3月30日(日)9:30~行う予定です。
よろしかったら、お越しくださいv-436
[2014/02/07 16:54] URL | 宮窪のおっさん #.HfY693c [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://makuriou.blog.fc2.com/tb.php/74-b55ac410
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)