レトロ旅えひめ巡り
愛媛県のノスタルジーを求めての旅ガイド。近代化遺産の建造物や農漁村の原風景、いつかどこかで見た光景を紹介していきます。古いえひめを一緒に探してみませんか。
プロフィール

まくり王

Author:まくり王
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



訪問No.



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



ほこりだらけの外車がゴロゴロ
犬も歩けば、棒に当たる。人も歩けば、思わぬものと出会う。
伊予鉄古町駅の北側の道、松山市宮西2丁目6付近。ここにレトロな外車がほこりまみれになっている場所があった。
特に気になったのが、フランスの名車、シトロエン。
さすがフランス、独特のおしゃれなデザイン、前輪の泥除けの曲線美、たまらなくいい味出している。

DSCF2027-001.jpg
これは、1937年から1957年まで生産された前輪駆動のトラクシオン・アバンという車種の末期型ではないか?。
(専門家ではないので、もし間違っていたら、すぐ訂正します、ご連絡ください)
DSCF2044.jpg
所有者の大西さんが、40数年前に兵庫県川西で乗っていた車で、その後、松山に持ち帰ったという。
当時のナンバーまで付いている。

DSCF2045.jpg
フロントには、シトロエンのエンブレムが誇らしげ。ライトやバンパーもクラシカル。

DSCF2043.jpg
入り口には、ドイツフォードのタウナスが置いてある。これはまだ、ほこりが少ない。

DSCF2031.jpg
これはスポーツタイプの外車。車名は?。

DSCF2041.jpg
ここにもオレンジ色のスポーツタイプの外車がほこりまみれ。このほか、2階部分には、日野自動車のコンテッサが、放置されていて、車名の“伯爵夫人”の面影はなかった。数年前までここで自動車修理業をしていた大西さんによると、「2階にはホンダのアルミエンジン車がある。これは珍しい品だ」という。折角の名車の数々、ほこりまみれはかわいそうだが、時間がなくて手入れできないそうだ。シトロエンだけでも保存できるところはないだろうか。

車で走っていたら、気付かないが、歩いていたら思わぬものに出会え、面白い人とも触れ合える。
気候がよくなれば、2本の足で町並み散策が楽しい。
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村

愛媛県 ブログランキングへ
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://makuriou.blog.fc2.com/tb.php/78-5ac91793
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)