レトロ旅えひめ巡り
愛媛県のノスタルジーを求めての旅ガイド。近代化遺産の建造物や農漁村の原風景、いつかどこかで見た光景を紹介していきます。古いえひめを一緒に探してみませんか。
プロフィール

まくり王

Author:まくり王
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



訪問No.



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漱石のいた松山「今・昔」/2、愛松亭跡
②愛松亭跡(漱石が最初に住んだ下宿)

校長を上回る高給取りの漱石とはいっても、いつまでも旅館にばかり泊ってもいられない。
坊っちゃんでは、数学主任の山嵐が下宿先を紹介してくれる。
漱石が、最初の下宿に選んだのが今の松山地方裁判所裏にあった「愛松亭」(あいしょうてい)というところだった。
今は、記念碑以外に建物は何も残っていない。
萬翠荘に向かうすぐ手前の道沿いに、「愛松亭跡」の石碑と漱石の出した手紙の刻まれた副碑がたっている。
  DSCF2242.jpg
 (ここが、愛松亭のあったところ。縦型の石に“愛松亭跡”と。横長い石碑が、漱石が恩師に宛てて出した書簡の副碑。バックに見えている建物は、軽食喫茶の「茶房あい」。)
        DSCF2240-001.jpg
  (書簡の内容が紹介されている。漱石が帝国大学でラテン語を教わった神田乃武=かんだないぶ=に宛てて松山着任を報告している。明治28年4月16日付。松山に来たのが4月9日だから7日後に出している。なお神田は東京外国語学校初代校長となり、コンサイス英和辞典の編纂者としても知られる人物)

愛松亭のあった場所の一帯は、藩政時代には家老屋敷があった。明治期に屋敷の母屋は撤去されて、裁判所になったが、中腹に平屋建ての母屋と2階建ての離れが残された。
この所有者が、骨董品の商いと小料理屋「愛松亭」を営んでいた通称「津田安」、津田安五郎という人物。「坊っちゃん」の中では、「主人は骨董を売買する『いか銀』という男」として登場する。

漱石は、前任の外国人教師が住んでいたこの離れの2階に住み、ここがとても気に入っていたようだ。子規宛ての書簡には「宿所は裁判所の裏の山の中腹にて、眺望絶佳の別天地」と絶賛している。ただ、このあとに、「うらむらくはなお俗物の厄介を受け居る事を」と、主人の態度に不満を漏らしている。どういうことかというと、坊っちゃんの中では、毎日のように“いか銀”から骨董責めにあい、「この男は馬鹿に相違ない」「学校の方はどうかこうか無事に勤まりそうだが、こう骨董責めに逢ってはとても長く続きそうにない」と、主人には閉口している様子が描かれている。

明治28年(1895)4月から6月下旬まで、2か月余をここで過ごした後、2番町の上野義方宅の離れに引っ越す。これが松山での最後の引っ越し。後に愚陀仏庵といわれるところに引っ越しをする。引っ越し理由は“家賃が高い”からといわれるが、愛松亭の主人の態度にも一因があるようにも思われる。愚陀仏庵については、次回に記載する。
   DSCF2253.jpg
     (萬翠荘の正門前にある藩政時代の井戸。漱石はこの井戸から水を汲んで、お茶を飲んでいたという)

愛松亭は、大正11年(1922)に、旧松山藩主・久松定謨(さだこと)伯爵の別邸、萬翠荘(フランス風の洋館)の建築の際に取り壊され、往時の建物の姿は見当たらないが、漱石のいた時代で今に残るものが、萬翠荘の正面前の庭に残っていた。藩政時代の井戸。お茶好きの漱石は愛松亭に住んでいた時は、毎日、この井戸の水でお茶を飲んでいた。坊っちゃんの中でも下宿の主人とお茶について次のようなやりとりがある。「亭主がお茶を入れましょうと言ってやって来る。お茶を入れると言うからご馳走をするのかと思うと、おれの茶を遠慮なく入れて自分が飲むのだ。この様子では留守中も勝手にお茶を入れましょうを一人で履行しているかもしれない。」---。

参考文献:愛媛新聞「漱石の風景」平成7年6月9日、「坊っちゃん」夏目漱石(集英社文庫)、「漱石と松山」中村英利子編著(アトラス出版)
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村

愛媛県 ブログランキングへ



スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://makuriou.blog.fc2.com/tb.php/84-7772c200
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。