レトロ旅えひめ巡り
愛媛県のノスタルジーを求めての旅ガイド。近代化遺産の建造物や農漁村の原風景、いつかどこかで見た光景を紹介していきます。古いえひめを一緒に探してみませんか。
プロフィール

まくり王

Author:まくり王
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



訪問No.



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



浄福寺のしだれ桜が見ごろ
松山市堀江町の漁港の近くにある浄福寺のしだれ桜が、見ごろを迎えている。
決して大木ではないが、形のいい姿で親しまれている。
一気に開花した感じで、4月には散り始めになりそう。
  DSCF2295.jpg
この浄福寺には、子規の句碑もある。「もののふの河豚(ふぐ)にくはるる悲しさよ」。これは、明治25年(1892)11月30日に松山市の釣島水道で、日本海軍の水雷砲艦「千島」とイギリスの商船「ラベンナ」号が衝突し、千島は沈没、乗組員90人のうち74人が犠牲になった千島艦事件を詠んだものだ。数多い子規の句碑のなかでも、時事問題を詠んだ句碑は全国で唯一のモノ。句碑の横に「千島艦遭難碑」も建てられている。
(この千島艦事件については、本ブログの昨年2月の「千島艦事件の光と陰Ⅰ~Ⅲ」を参照してください)

     DSCF2300.jpg
(右が子規の句碑。日本新聞社に入社した日に飛び込んできたのが、千島艦遭難事故。子規の記者としての初仕事がこの惨事を俳句時事評という形で書くことだった。海の藻屑と題して書かれた原稿の文末にこの句が記された)

もうひとつ、浄福寺に珍しい光景があった。大きな松の木にカラスの巣があるのだ。どこにあるか探してみてください。
     DSCF2307.jpg

浄福寺から歩いて1分もしないところに、郷谷川の河口がある。ここに今、カモが飛来している。多いときは30羽近くが群れて、思い思いに餌を探して泳いでいる。仲のいい夫婦の姿があちこちで見える。
また、東の方へ向かえば、堀江港だ。ここはファミリー中心に釣り人の姿も多いのだが、今は寒さもあって、釣り人も釣果もさっぱり。暖かくなると、釣れるようになるだろうか。
     DSCF2289.jpg
(今の堀江港。呉-松山のフェリー航路は消え、手前に見えるのが発着場の跡。海の駅「うみてらす」というトイレつきの休憩施設が完成され、また年度内完成を目指して広場の無料駐車場が整備されているところだ。)

交通ガイド:4月には堀江港整備で広い無料駐車場が出来る予定だから、ここに駐車して散策するのが便利。また、堀江漁港に無料駐車場がある(県庁方面からなら旧国道の県道347号の堀江交差点からさらに200メートル行き、モービル石油前の駐車場とフェンスで囲った空き地の間の道へ左折して、そのまま直進すれば、漁港に出る。その海沿いが駐車場。この途中に浄福寺がある。)
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村

愛媛県 ブログランキングへ
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://makuriou.blog.fc2.com/tb.php/85-57fbe0c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)